今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年08月19日 18時33分 公開

ドトール、9月2日から「QUICPay」「iD」に対応 ハワイ旅行が当たるキャンペーンも

ドトールコーヒーは、9月2日に「QUICPay」「iD」での決済サービスを開始。同日にQUICPay導入を記念してハワイ旅行、またはドトール関西工場見学ツアーが当たるキャンペーンを行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ドトールコーヒーは、9月2日からジェーシービーの「QUICPay」、三井住友カードの「iD」に対応する。全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、カフェ レクセル、ル・カフェ ドトールが対象。

 それぞれプリペイド(前払い)、デビット(即時払い)、クレジット(後払い)のいずれでも精算が可能。ハウスプリペイドカードの「ドトール バリューカード」や交通系電子マネー(一部を除く)での決済サービスを導入してきたが、さらに決済手段の選択肢を広げ、ユーザーの利便性向上を目指す。

 QUICPay導入を記念し、同日に「第1弾ドトール×QUICPay導入記念! Twitterフォロー&ツイートでハワイ旅行 または、ドトール関西工場見学ツアーが当たる!」をスタート。QUICPay公式Twitterアカウント「@QUICPay_PR」をフォローしてツイートすると、抽選でドトールコーヒーハワイ「マウカメドウズ」農園見学付きハワイ旅行5日間が20組40人、関西のドトールコーヒー焙煎工場見学ツアー(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのチケット付き)が30組60人に当たる。

ドトールコーヒーのQUICPay導入キャンペーン ドトールコーヒーのQUICPay導入キャンペーン

 さらに「第2弾ドトール×QUICPay導入記念! 10,000円分のドトール バリューカードが当たる!」も実施し、対象店舗でQUICPayを合計2000円(税込)以上利用すると抽選で400人に1万円チャージ済みのドトール バリューカードが当たる。

 期間はそれぞれ9月2日〜10月31日で、キャンペーンサイトは8月31日に公開となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう