速報
» 2019年08月22日 09時25分 公開

「Google Play ストア」がデザイン変更 タブが下に移動し、ゲームとアプリを完全分離

Androidアプリストア「Google Play ストア」のデザインがマテリアルデザイン的に刷新された。全体的に白っぽくなり、ナビゲーションバーが画面の下に移動し、ゲームタブが左端になり、音楽タブは[≡]に移動した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月21日(現地時間)、「Google Playストア」アプリのビジュアルデザインを“完全に刷新した”と発表した。ユーザーがアプリ、ゲーム、その他のデジタルコンテンツを発見しやすくすることに重点を置いたという。

 「マテリアルデザイン」に沿ったデザインで、全体的に白っぽくなった他、ナビゲーションバーの位置が画面上部から下部に移動し、ナビゲーションバーの左端が「ホーム」から「ゲーム」に変わり、「ホーム」は「アプリ」に変わった。

 play 1 新しいGoogle Play ストア

 従来は「ホーム」にゲームアプリも登場していたが、ゲームとアプリが完全に分離し、探しやすくなった。さらに、アプリごとのページに大きな「インストール」ボタンが目立つ位置に配置された。

 これまでナビゲーションバーにあった「音楽」タブはナビゲーションバーからは消え、画面左上の[≡]の下の方に「音楽を探す」という項目に変わった。これをタップすると「Google Play Music」で購入できる音楽のページが表示される。

 play 2 「音楽」は[≡]下に移動した

 Googleは、いずれはGoogle Play Musicを縮小し、「YouTube Music」に一本化する計画を明らかにしている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう