ニュース
» 2019年10月11日 23時00分 公開

ナビタイムやJapan Taxi、2020年1月に東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始

ナビタイムジャパンらは、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始。交通渋滞の解消や交通不便地域での快適な移動、観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上に対する機能を搭載した多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパン、ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi、東京臨海副都心まちづくり協議会、KDDIは、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始する。

東京臨海副都心エリアでのMaaS実証実験イメージ 東京臨海副都心エリアでのMaaS実証実験イメージ

 本実験は東京都が公募した「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」に採択されたもの。東京臨海副都心エリアでの交通渋滞の解消、交通不便地域での快適な移動、観光スポットへのスムーズな輸送・回遊率の向上といった課題に対する機能を搭載した、多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。

 具体的には、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」の「トータルナビ」で培った「マルチモーダル経路探索エンジン」で、鉄道などの公共交通機関とデマンド型シャトル、シェアサイクルを組み合わせた経路を提案。デマンド型シャトルの無料提供、鉄道・シェアサイクルのキャッシュレス決済もできる他、おすすめの観光スポットなどの記事や観光施設情報、クーポンも提供する。

 さらに課題解決や新たなサービス創出などMaaSの商用化に向け、観光客の行動変化やニーズを把握し、アプリの経路検索条件データやGPSデータなどの移動ビッグデータの分析も粉う。

ナビタイムジャパン、ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi、東京臨海副都心まちづくり協議会、KDDIの役割 各社の役割

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう