今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年10月29日 12時17分 公開

「d払い」アプリ、アップデートでAndroid 10とJPQRに対応

NTTドコモは、iOSとAndroid向け「d払い」アプリのアップデートを10月29日10時以降に順次開始する。アップデートにより、Android 10とJPQRに対応する。アップデート後は再ログインが必要になる。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、iOSとAndroid向け「d払い」アプリのアップデートを10月29日10時以降に順次開始する。

 アップデートにより、Android 10での利用に対応した。Android 10は9月3日(米国時間)にリリースされ、Pixel 3や3aで同日からバージョンアップ可能になったが、アプリがAndroid 10に未対応だったため、Android 10にするとd払いアプリが使えない状態だった。

 d払いアプリをアップデートすると、Android 10へのOSバージョンアップ前からd払いアプリを利用していた場合でも再ログインが必要になる。

 10月30日15時以降は、d払いアプリを起動すると、アップデートを行うためのメッセージが表示され、アップデートを行わないとd払いアプリは利用できなくなる。

d払い ドコモからのお知らせ

 この他、アップデートによって、統一QRコード「JPQR」にも対応する。JPQRは、総務省が主導し、キャッシュレス推進協議会が策定した決済用QRコードの統一規格。店舗が1つのQRコードを掲示するだけで、ユーザーは複数のコード決済が使えるようになる。

d払い 1つのQRコードで複数の決済サービスをカバーできる「JPQR」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう