速報
» 2019年11月05日 11時43分 公開

Android11月の定例パッチで深刻度「重大」8件を含む修正 「Pixel 4」の「スムースディスプレイ」も改善

GoogleがAndroid向けの11月の月例パッチを公開した。深刻度「重大」8件を含む多数の脆弱性を修正する。「Pixel 4にとっての初の機能アップデートとして、「スムースディスプレイ」と「カメラ」が改善される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月4日(現地時間)、Androidの月例セキュリティ情報を公開し、パッチの配信を開始した。

 「Android 10」からは、「Google Playシステムアップデート」(Project Mainline)により、Pixel以外の端末にも重要なパッチはGoogle Playから直接配信されるようになっている。

 Androidセキュリティ情報で公開されたパッチは「2019-11-01」と「2019-11-05」。危険度が最も高い「Critical(重大)」が8件、その次の「High(高)」が29件、その次の「Moderate(中)」が1件。

 Criticalには、リモートの攻撃者が細工したファイルを開始て任意のコードを実行できるものも含まれる。

 critical

 別途配信されるPixelの11月のアップデートでは、「High」以下の20件の脆弱性を修正。機能アップデートとしては、Pixel 3以前のモデルのGoogleアシスタントのホットワード検出機能の改善、Pixe 3のボトムスピーカーの音質改善、Pixel 3a以前のモデルの起動時の安定性の向上、すべてのPixelでのXbox Bluetoothコントローラのマッピング対応など。

 「Pixel 4」にとっては初のアップデートだ。機能のアップデートとして、「スムースディスプレイ」とカメラの改善が行われた。米9TO5Googleによると、スムースディスプレイの改善では、これまで周囲が暗いと自動的にリフレッシュレートが60Hzに下がっていたものを、より多くの明るさの条件で90Hzで表示するようになるという。

 pixel Pixelシリーズの機能アップデート一覧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10