ニュース
» 2020年01月17日 13時30分 公開

端末単体で容量無制限の「auデータMAXプランPro」が1500円値下げ テザリング時などのデータ容量も増量

auのデータ無制限プランが値下げした上で、無制限対象外通信の月間容量制限を緩和する。既存ユーザーも含めて、2月1日から適用される。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は2月1日から、スマートフォン向けの通話・データ一体型プラン「auデータMAXプランPro」の月額料金を1500円(税別、以下同)値下げし、月額7650円(2年契約N適用時は7480円)とする。合わせて、同プランにおいてテザリング、データシェアや国際ローミングする際の月間データ容量の上限を10GB引き上げ、30GBとする。

 すでに同プランに加入済みのユーザーについても、同日から新しい料金とデータ通信容量が適用される。

auデータMAXプランPro 改定前後の「auデータMAXプランPro」の料金イメージ

 auデータMAXプランProは、端末単体での国内データ通信容量を無制限としたプランで、2019年10月1日から提供している。

 今回の値下げは、セルアップ(より大容量なプランへの移行)を促進するための措置であると思われる。

「auの学割」の内容も改定

 今回の値下げに伴い、2019年11月1日から提供されている「auの学割」におけるauデータMAXプランProの値引き額が減額され、2月1日から月額2000円(今回の値引きと合わせて月額3500円)となる。既に適用中の契約についても、同日から値引き額が変更される。

学割 auの学割は、割り引き額が少し減るが今回の値下げを組み合わせると従来よりも安価にはなる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう