今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年02月20日 06時00分 公開

「Amazon Go」のように手ぶらで買い物 ローソンがレジなし店鋪を富士通と共同実験 (1/2)

ローソンは、2020年2月26日から5月25日まで、レジなしの実験店舗「富士通新川崎TS レジレス店」を富士通テクノロジースクエアの社内にオープン。「Amazon Go」に近い形態で、客がアプリで入場し、商品を手に取って出場するだけで買い物が完了する。2020年の夏には都内店舗での一般公開も目指す。

[島徹,ITmedia]

 ローソンは、2020年2月26日から5月25日まで、レジなしの実験店舗「富士通新川崎TS レジレス店」を、富士通テクノロジースクエアの社内に社員の利用限定でオープンする。米国でAmazonがオープンし話題となったレジなし店舗「Amazon Go」に近い形態で、客がアプリで入場し、商品を手に取って出場するだけで買い物が完了する。2020年の夏には都内店舗での一般公開も目指す。

ローソンレジレス店 実験店舗となる「富士通新川崎TS レジレス店」は客がアプリで入場し、商品を手に取って出場するだけで買い物が完了。自動でオンライン決済される
ローソンレジレス店 客が手にして出場した商品の内容は、店内上部のカメラと棚の重量センサーの情報からAIが自動的に検知する

気になるレジレス店舗の運用を試してみた

 今回のレジレス店舗で取り扱う商品は250種類に限られており、店内は一方通行になる。同時に店内で買い物をできるのは処理性能の関係上5人までだが、実際の利用時には素早く買って店内を出る人が多いと想定し、当初は厳密な入場制限を実施しないという。

ローソンレジレス店 手前のゲートから入場して、商品を持って奥の出口を出れば買い物完了だ
ローソンレジレス店 店内のレイアウト図

 天井には28台のカメラがそれぞれ人と商品などをトラッキング。商品棚にもセンサーが設置され、主に重量を見ているという。なお、今回のシステムでは天井3m以上をサポートしているが、実際の店舗は天井がより低い物件が多いので、実験や改良を進めるという。

ローソンレジレス店 天井には数多くのカメラを設置。カメラ自体は特殊なものではなく、数とカバーエリアが重要だという
ローソンレジレス店 棚の黒いトレイに重量センサーを搭載。重量で商品の増減をみるので、商品を積み重ねても問題ないようだ

 入場する際は、ローソンの実験専用アプリ「ローソンGo」のQRコードをかざす。事前に「Apple ID」「Googleアカウント」「LINEアカウント」のいずれかで利用者情報と、決済に利用するクレジットカードを登録する。今回利用できるのは富士通テクノロジースクエアで勤務する社員で、利用は約3000人を想定している。

ローソンレジレス店 ローソン GoアプリでQRコードを表示、ゲートにかざして入場する

 買い物は棚から商品を取って、出口から出るだけで済む。カメラと棚のセンサー情報から、どの客がどの商品を手に取ったかAIがトラッキングする。ただし店内で他の客に商品を手渡すことと、別の棚に商品を戻すことは禁じられている。

ローソンレジレス店 店の入り口にはレジレス店舗の利用方法と注意点が記載されている
ローソンレジレス店 店舗はレジスペースがない以外は、小規模のローソンとあまり違いはない。商品を手にして奥の出口から出る

 店内は、ごく一般的な都市部ビル内のローソンといった配置だが、レジに相当する明確な出口がないので、慣れるまではやや戸惑うかもしれない。なお、実際の運用時はクルーが1人ほど常駐し、案内や棚の補充、整理などを実施するという。

 レジ袋削減の取り組みの影響でレジ袋は置かれていないが、個人がマイバッグなどを持ってきて商品を入れても問題なく買い物できるという。

 報道関係者の体験会では、商品を持って店舗を出ると、約1〜2分程度でアプリの通知が届いて決済が完了していた。ただ、客の店内の行動によっては、決済に時間がかかるパターンも何人か見られた。こういった内容は実証実験である程度洗い出されるものとみられる。

ローソンレジレス店 商品を手に持ったら、このまま店を出るだけで買い物が完了する
ローソンレジレス店 店を出ると、手持ちのアプリにクレジットカードの決済の電子レシートが届く。レジに並ぶ、バーコード読み取りを待つといった必要がない
ローソンレジレス店 筆者の場合、商品を持った手でもう1つ商品を取ろうとしたからか、出店してから決済まで5分ほどかかった。この辺りは今後改善されていくのだろう
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう