今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年08月22日 18時20分 公開

深夜に店員なし+セルフ決済 ローソンが「スマート店舗」実験を開始

ローソンは、8月23日から横浜市磯子区のローソン氷取沢町店で「スマート店舗(深夜省人化)」実験を開始。人手不足対策として深夜0時〜5時は売り場へ店員を配置せず、利用者自身が決済を行う。期間は約半年間。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ローソンは、8月23日から神奈川県横浜市磯子区のローソン氷取沢町店で「スマート店舗(深夜省人化)」実験を開始する。期間は約半年間。

 今回の実験は人手不足が顕著な深夜帯での省人化対策として、深夜0時〜5時は売り場へ店員を配置せず利用者自身が決済を行うというもの。利用者は事前にローソンアプリへ登録した入店用QRコード、近隣に配布した入店カード、入店管理機器での顔写真撮影で入店できる。店員1人がバックヤードで勤務するが、今後は店員を配置しない営業も実施する予定だ。

 決済は電子マネー・クレジットカード・バーコード決済など、キャッシュレス決済や現金で行える。販売は、たばこ・酒類の免許品・カウンターファストフーズ・切手類・収納代行やチケット発券など店員による対応が必要な商品・サービスを除く。

 実験期間中は取扱商品の拡大をはじめ、システムや運用方法の見直しなどを行う予定。店舗 オペレーション・防犯・物流面の課題、売上の推移、利用者の声などを検証した上で、その後の拡大展開を検討していく。

ローソンの実施する「スマート店舗(深夜省人化)」実験の仕組み ローソンの実施する「スマート店舗(深夜省人化)」実験の仕組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう