ニュース
» 2020年04月17日 15時40分 公開

新型コロナウイルスの影響:Y!mobileの一般向けPHSサービス、終了日を「2021年1月31日」に変更

7月31日に終了する予定だったY!mobileの一般向けPHSサービスが、終了日を半年後ろ倒しすることになった。新型コロナウイルスの影響で、4G LTEサービスへの手続きが困難になったユーザーが出てきたためだという。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は4月17日、Y!mobileブランド(旧ウィルコム)の一般向けPHSサービスの終了を「2021年1月31日」に延期することを発表した。新型コロナウイルスの影響だという。

終了予定 両社からのお知らせ

 Y!mobileブランドの一般向けPHSは、7月31日をもってサービスを終了する予定だった。しかし、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響により携帯電話への移行手続きが困難になっている事情などを受けて、全国の医療機関をはじめとするお客さまから延期のご要望を多くいただいている状況」となったため、終了を半年後ろ倒しすることになった。

 なお、テレメタリングプラン(メーター計測用の契約)の終了時期については、現時点では2023年3月31日で変わりない。

プラン 7月31日をもってサービスを終了する予定だったPHS向け料金プラン。これらのプランの終了時期が半年ほど後ろ倒しされる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10