ニュース
» 2020年04月30日 14時36分 公開

新「iPhone SE」、UQ mobileはプロファイル不要で使える Y!mobileは?

「iPhone SE(第2世代)」を格安SIMで利用することを考えている人も多いだろう。MVNOのSIMでiPhoneを使う場合、プロファイルを各社のサイトからダウンロードしてiPhoneにインストールする必要がある。一方、「UQ mobile」はプロファイル不要で通信開始できる。

[田中聡,ITmedia]

 「iPhone SE(第2世代)」は現在のところMVNOは取り扱っていないが、端末代が4万円台からと安価なこともあり、MVNO(格安SIM)での利用を考えている人も多いだろう。

 MVNOのSIMでiPhoneを使う場合、プロファイルを各社のサイトからダウンロードしてiPhoneにインストールする必要がある。iPhone SEも基本的にはこの方法で格安SIMを利用できる。一方、プロファイル不要で利用できるMVNOサービスもある。それは「UQ mobile」だ。

iPhone SE UQ mobileは、SIMロックフリーのiPhone SE(第2世代)にSIMを入れ替えるだけで通信可能になる

 UQ mobileでは、これまでの幾つかのiPhoneではプロファイル不要で利用できたが、新iPhone SEも同様で、SIMを入れるだけで利用開始できる。プロファイルをダウンロードするにはインターネット環境が必要で、他のモバイル回線やWi-Fi環境がない人にとってはハードルが高い。またプロファイルをインストールするという操作も、スマホに詳しくない人にはハードルが高いだろう。

 試しにiPhone SE(SIMロックフリー)にUQ mobileのSIMを入れたところ、ピクトエリアに「UQ mobile」と表示され、データ通信、テザリング、音声通話、SMSを問題なく利用できた。また「設定」→「一般」→「情報」に表示されるキャリア名も「UQ mobile」となる。なお、「○○○@uqmobile.jp」のアドレスを利用したメールサービスは利用できない。

iPhone SE SIMを入れるだけでピクトエリアに「UQ mobile」の表示が
iPhone SE キャリア名も「UQ mobile」となる

 4月30日12時30分頃に通信速度を3回測ってみたが、下り61.1Mbps、26.9Mbps、60.8Mbps、上り5.76Mbps、3.8Mbps、6.37Mbpsという速度を記録。UQ mobileは、以前からMVNOが遅くなりがちなお昼時でも速いことに定評があるが、その実力は健在だった。

iPhone SEiPhone SE テザリングも利用できる(写真=左)。お昼時でも快適に通信できた(写真=右)

 ちなみに、iPhone X、XS、XR、11シリーズではプロファイルのインストールが必要で、プロファイル不要でUQ mobileが利用できるのはiPhone 8以来となる。プロファイルをインストールしてすると、ピクトエリアには「au 4G」の表記となり、「設定」→「一般」→「情報」に表示されるキャリア名も「KDDI」となる。

 MVNOではないが“サブブランド”という点では、ソフトバンク回線を使う「Y!mobile」での動作も気になるところ。

 Y!mobileの動作確認機種ページには、iPhone SE(第2世代)を利用するには、プロファイルのインストールが必要である旨が記載されている。しかし、実際にiPhone SE(SIMロックフリー)にY!mobileのSIMを入れたところ、ピクトエリアに「Y!mobile」と表示され、そのままデータ通信を利用できた。

 手元にあった「iPhone 11 Pro Max」(ソフトバンク、SIMロック解除済み)ではプロファイルをインストールしないとデータ通信は利用できなかった。iPhone SEから仕様が変わったのかもしれないが、詳細は不明だ。ソフトバンク広報には確認中で、新たな情報が分かれば追記するが、iPhone SEユーザーには朗報といえそうだ。

iPhone SE Y!mobileでiPhone SE(第2世代)を利用するには、プロファイルのインストールが必要かと思いきや、SIMを入れただけで通信できた
iPhone SE キャリア名も「ワイモバイル」との表記
iPhone SE 通信速度もまずまず

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10