世界を変える5G
ニュース
» 2020年06月05日 17時40分 公開

ソフトバンクのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」、6月10日に開始

ソフトバンクは、6月10日にクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスを提供開始。高負荷のデータ処理をサーバー側で行ってストリーミング配信するため、デバイスを問わずゲームを楽しめるという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、6月10日13時に5G時代のエンタメ配信サービス「5G LAB」の「GAME SQUARE」カテゴリーでクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスを提供開始する。

ソフトバンク クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」

 本サービスはNVIDIA Corporationのクラウドゲーミングサービスの日本版で、キャリアを問わず利用可能。ゲームプレイ時に発生する高負荷なデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、デバイスの種類を問わず高性能を要求するゲームを楽しめるという。申込受付は6月10日以降にWebサイトで行い、仮登録から準備ができ次第、本登録の手続きを案内する。

 利用料金は月額1800円(税別)で、別途ゲームソフトの購入代金や通信料がかかる場合もある。6月10日〜30日に本登録を完了した場合は61日間、7月1日〜7月31日に本登録を完了した場合は31日間無料となる。また、8月1日以降は本登録完了日から14日間無料で利用できる。利用環境はmacOS 10.10以降、Windows 7以降(64bitのみ)、Android 5.0以降(メモリ2GB以上/OpenGL ES 3.2以上)。

ソフトバンク 利用までの流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう