世界を変える5G
ニュース
» 2020年06月18日 11時50分 公開

5Gサービスは後日提供:楽天モバイルが初の5Gスマホ「AQUOS R5G」を発売 税込みで12万8800円

楽天モバイルが初となる5Gスマートフォンとして「AQUOS R5G」を投入する。ただし、同社における5Gサービスの提供はまだ始まっておらず、当面の間はLTEスマートフォンとして利用することになる。

[井上翔,ITmedia]

 楽天モバイルは6月18日、シャープ製5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を発売した。楽天モバイル向けの端末としては初の5G(第5世代移動通信システム)対応機種で、同社が今後開始する5G通信サービスにも対応する。税込みの本体価格は12万8800円で、楽天市場にある「楽天モバイル 楽天市場店」と「楽天モバイル スマホ専門店」では、端末単体購入も可能だ。

AQUOS R5G AQUOS R5G

 今回発売されるAQUOS R5Gは、シャープが2月17日に発表したものの楽天モバイル向けモデルで、ボディーカラーはアースブルーとブラックレイの2つを取りそろえる。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 865」で、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GBを備える。外部ストレージとして、最大1TBのmicroSDXCを搭載することも可能だ。外部接続端子はUSB 3.1 Type-Cで、3.5mmイヤフォンマイク端子も備える。

 ディスプレイはWQHD+(1440×3168ピクセル)の約6.5型Pro IGZO液晶で、HDR(ハイダイナミックレンジ)表示にも対応する。ディスプレイ下には指紋センサーも搭載している。バッテリー容量は3730mAhで、連続待受時間は約490時間、連続通話時間は約32.4時間となっている(時間は共にLTEネットワーク下での公称値)。

 アウトカメラは約1220万画素の標準カメラ、約4800万画素の広角カメラ、約1220万画素の望遠カメラと、被写界深度を測定するToFカメラのクアッド(4基)構成で、望遠カメラは16倍のハイブリッドズームにも対応する。

 SIMカードスロットはNanoサイズが1つで、SIMロックフリーとなる。楽天モバイルを含む国内各キャリアのVoLTE通話にも対応する。

 端末として対応する通信規格と周波数帯(Band)は以下の通り。

  • 5G NR:Band n77
  • FD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19/20/28
  • TD-LTE:Band 38/39/40/41/42
  • W-CDMA:Band 1/2/4/5/6/9/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

 楽天モバイルのネットワーク(パートナーエリアを含む)における最大通信速度(理論値)は、5G通信時が下り2.13Gbps/上り183Mbps、LTE通信時が下り400Mbps/上り75Mbpsとなる。Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)とBluetooth 5.1にも対応する。おサイフケータイやテレビチューナー(フルセグ/ワンセグ)も搭載している。

 ボディーサイズは約75(幅)×162(高さ)×8.9(厚さ)mmで、重量は約189g。IPX5/8等級の防水とIP6X等級の防塵(じん)性能も備える。

購入者キャンペーン

 AQUOS R5Gを7月20日8時59分(店頭では7月19日)までに購入した人には、楽天ポイントがもれなく5000ポイント贈呈される。「事務手数料3300円分ポイントプレゼントキャンペーン」や「オンライン契約で3000ポイントプレゼントキャンペーン」との併用も可能だ。

 キャンペーンの適用には以下の条件を満たす必要がある。

  • 楽天会員のアカウントを持っていること
  • そのアカウントでキャンペーンサイトにおいて事前エントリーをすること
  • 「Rakuten UN-LIMIT」の新規契約(MNPやMVNO回線からの移行を含む)と同時に端末を購入すること

 条件を満たした場合、8月下旬ごろまでにポイントが付与される。

キャンペーン 購入者を対象とするポイント付与キャンペーンも開催。端末購入と同時にRakuten UN-LIMITを新規契約する必要がある。なお、バナー(画像)には「6月30日まで」とあるが、これは併用できる「オンライン契約で3000ポイントプレゼントキャンペーン」の締め切り日である

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう