世界を変える5G
調査リポート
» 2020年06月23日 15時49分 公開

2020年度の5G契約数は1185万、5G対応スマホ出荷台数は1333万台に 矢野経済が予測

矢野経済研究所は、6月23日にMNO4社の5Gサービス契約数と5G対応スマートフォン出荷台数を予測。2020年度の契約数は1185万契約、国内出荷台数は1333万台と発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 矢野経済研究所は、6月23日にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル4社の5Gサービス契約数と5G対応スマートフォン出荷台数の予測を発表した。

 2020年度5Gサービス累計契約数は1185万契約、5Gスマートフォンの国内出荷台数(メーカー出荷ベース)は1333万台になると予測。サービスエリアは特定地域となるため、5Gを体感できる機会は限られるが、5Gスマートフォンへの買い替えに合わせて5G対応のデータ無制限プランへの加入が見込まれるとしている。

矢野経済研究所 国内キャリアの5G契約数予測
矢野経済研究所 国内5Gスマートフォン出荷台数予測

 なお、予測には新型コロナウイルスの影響は考慮しておらず、2020年度下期以降に需要の回復は期待できるが、上期の落ち込みをカバーするには至らない見込み。サービス初年度の契約数は当初の予測を2割強下回る可能性もあるという。

 一方、2021年度はサービスエリア拡大とともに、MVNOによる5G商用サービスの開始も期待される。さらに延期となった東京オリンピック・パラリンピック開催も控え、通信事業者各社のサービス競争による盛り上がりもあり、2021年度の5Gサービス契約数は3210万契約、2021年の5Gスマートフォン国内出荷台数は2230万台としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう