ニュース
» 2020年06月25日 19時22分 公開

カーナビタイム、Googleの「plus code」と緯度経度に対応 住所や名称のないスポットも検索可能に

ナビタイムジャパンの「カーナビタイム」が、Googleの提供する地点をピンポイントで特定するコード「plus code」と緯度経度に対応。住所や名称のないスポット・地点も検索できるようになり、より詳細な地点を目的地などに設定可能となる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパンのカーナビアプリ「カーナビタイム」は、6月25日にGoogleの提供する地点をピンポイントで特定するコード「plus code」と緯度経度に対応した。

カーナビタイム Googleの提供する「plus code」と緯度経度に対応

 これにより、地点検索時にフリーワード検索でplus codeや緯度経度を入力すると、対象地点が表示される。地点詳細情報画面にも住所などと並んでplus codeと緯度経度が表示されるようになり、住所や名称のないスポットも検索可能に。より詳細な地点を目的地などに設定できることに加え、オフラインでの検索にも対応する。

 例えば東京駅のように住所や名称のあるスポットの場合も、駅出口ではなく指定の位置をピンポイントで検索したり、共有したりできる。

カーナビタイム 利用イメージ
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう