5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年08月17日 14時22分 公開

シャープがローカル5G対応ルーターを開発、9月以降に提供予定

シャープは、ローカル5Gへ対応したルーターの試作機を開発。大容量データの高速伝送が可能となり、ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として9月以降に提供開始する予定だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 シャープは、8月17日にローカル5G対応ルーターの試作機を開発したと発表。9月以降に提供開始する予定だ。

SHARP ローカル5G対応ルーターの試作機を開発

 本機は受信時最大約3Gbps/送信時最大約600Mbps(理論値)の高速データ通信を実現し、Wi-Fi6対応をはじめ2.5GBASE-TのLANポートやUSB3.0を搭載。カメラやFA機器、各種センサーなどを無線/有線でローカル5Gのネットワークに接続し、大容量データを高速に伝送可能になるという。

 また、本機はローカル5Gの周波数として制度化された「28.2-28.3GHz」に加え、今後の割り当てが検討されている「28.3-29.1GHz」「4.6-4.9GHz」にも対応。周波数の拡大も見据え、幅広いネットワークの検証に活用できるとしている。

 サイズは約157(幅)×16(高さ)×84(奥行き)mm、重量は約270g。約2.4型のQVGA (320×240ピクセル)TFT液晶ディスプレイを備え、バッテリー容量は約4000mAh。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年