ニュース
» 2019年05月08日 17時34分 公開

シャープ、5Gスマホのプロトタイプを公開 約3Gbpsの通信に成功

シャープが5Gに対応したスマートフォンのプロトタイプを公開した。AQUOS R3をベースにしながら、5G対応のモデムチップやアンテナを装備したもの。下り2.9Gbpsほどの通信速度を確認できた。

[田中聡,ITmedia]

 シャープが5月8日、新型スマートフォン「AQUOS R3」の発表に合わせて、5Gスマートフォンのプロトタイプ(以下、5Gスマホ)を参考展示した。

シャープ 「AQUOS R3」をベースにした5Gスマートフォンのプロトタイプ
シャープ 背面の素材はAQUOS R3とは異なる

 5Gスマホは、AQUOS R3をベースにしながら、5G対応のモデムチップやアンテナを装備したもの。AQUOS R3の部品にこれらを組み合わせているため、本体の厚さが増しているが、商用モデルを開発する際は、より薄くできるという。周波数帯は日本のキャリアに割り当てられている28GHz、3.7GHz、4.5GHzをサポートしており、1台で複数キャリアの5G通信が可能だという。

シャープ
シャープ 5G用の部品を加えた分、厚さが増している

 会場では、5GとLTEの基地局シミュレーターと有線接続したシールドボックスの中に5Gアンテナを装備。ここから28GHz帯の電波を発して、シールドボックスに入れた5Gスマホを遠隔操作で通信。モニターに映し出されたスマホ画面のピクトエリアには「5G」のアイコンが表示され、下り2.9Gbpsほどの速度が出ていることが確認できた。

シャープ 5Gは商用サービス開始前のため、シールドボックスに入れたまま伝送デモを実施。スマホで通信している様子は、モニター越しに確認する形
シャープ 5G/LTE基地局シミュレーター(左)とシールドボックス(右)
シャープ 2.88〜2.9Gbpsの通信速度を確認できた
シャープ 電波暗室で事前に行った実験でも、2.88Gbps出ていた
シャープ 端末情報は「5G439」となっていた

 シャープは2018年に発売した「AQUOS R2」で超広角の動画専用カメラを搭載し、AQUOS R3では15秒のダイジェスト動画を自動で作成する機能を追加するなど、動画撮影機能に注力している。5G時代でもこの方向性は継続し、通信事業本部 本部長の中野吉朗氏は、「5Gサービスインに向けて、ビジュアルコミュニケーションを革新させたい」と意気込みを語った。

 気になる5Gスマホの発売時期だが、4月に国内キャリアの周波数割り当てが決まったばかりで、商用サービス開始は2020年春とまだ先のため、未定。それでも「発売タイミングはキャリアのサービスインに依存するのでコメントしづらいが、先頭集団で開発し、いち早く出したい」と通信事業本部 パーソナル通信事業部 事業部長の小林繁氏は話す。また同氏は、5G時代でも、動画のコミュニケーションを追求していくことをあらためて強調した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう