世界を変える5G
ニュース
» 2020年08月26日 15時03分 公開

ドコモ、Jリーグの試合に5Gを活用 マルチアングル映像や解説情報を配信

NTTドコモは、9月27日開催される2020明治安田生命J1リーグ第19節鹿島アントラーズVS大分トリニータの試合へ5Gを活用。試合のマルチアングル映像や解説情報などをスタジアム内の5Gスマートフォンに配信する取り組みを行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、9月27日開催される2020明治安田生命J1リーグ第19節鹿島アントラーズVS大分トリニータの試合へ5Gを活用したサービスを提供する。

NTTドコモ 「マルチアングル映像」のイメージ

 本取り組みでは、スタジアムの観客席(一部対象席)へ2画面の5Gスマートフォンを配備。多視点からの試合映像をリアルタイムに視聴できる「マルチアングル映像」では、観客席で試合を観戦しながら手元のスマートフォンでも多視点の映像をほぼリアルタイムで楽しめる。

 多視点で名場面を振り返れる「リプレー機能」、身長・体重・ポジションなどの基本情報に加えてスピードやテクニックなどの選手能力をレーダーチャートにした「選手名鑑」、シュート本数やペナルティーキック回数、コーナーキック回数、ボール支配率などの情報を試合進行に合わせて更新して試合展開を分かりやすく可視化した「J STATS」も利用できる。

 視聴体験への参加は抽選で25組50人を募集しており、応募には専用フォームへの入力と応募者2人分のJリーグID、お気に入りクラブ「鹿島アントラーズ」の登録が必要だ。受付は9月11日までを予定し、9月17日ごろに当選者へ連絡する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年