ニュース
» 2020年09月09日 14時34分 公開

接触確認アプリ「COCOA」、検知の精度を改善

厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」が、iOS/Android版「1.1.3」の配布を開始。改めて接触の検知の仕組みについて見直し、接触の検出精度の適正化を図るため内部処理の改良を行った。

[エースラッシュ,ITmedia]

 厚生労働省は、9月8日に「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」でiOS版「1.1.3」の配布を開始した。Android版は9月9日に配信を開始している。

 本アプリはスマートフォンのBluetooth機能を使い、おおむね1m以内の距離で15分以上近接状態にあった場合に接触として検知する可能性が高くなる。一方、Bluetoothの性質上、機種の性能や周辺環境などにより計測する距離や時間に差が生じるため、想定よりも広範な接触の検知、または本来検知すべき接触が検知されていない疑いのある事例が利用者から寄せられたという。

 そこで改めて接触の検知の仕組みを見直し、今回の修正版は接触の検出精度の適正化を図るため内部処理の改良を行った。アプリの自動アップデート機能がオンになっている場合は、ダウンロード可能な通信環境から自動的に更新される。

COCOA アプリの更新情報
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう