ニュース
» 2020年07月03日 14時28分 公開

新型コロナウイルス接触確認アプリ、陽性者との接触が通知可能に

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」にて、7月3日から陽性者がアプリに登録するのに必要な処理番号の発行が可能になった。これにより、陽性者と14日以内に接触した可能性のある人への通知が可能に。通知はアプリの「陽性者との接触を確認する」から見られる。

[田中聡,ITmedia]

 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」にて、7月3日から陽性者がアプリに登録するのに必要な処理番号の発行が可能になった。

 新型コロナウイルスの陽性が判明した場合、本人の同意のもと、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システムから発行された「処理番号」をアプリに入力する。その際、陽性者と14日以内に接触した可能性のある人のスマートフォンに対し、その旨が通知される。陽性者と接触した可能性がある記録は端末内に14日間保存される。

 接触確認アプリの通知をオンにしておけば、通知があると画面上に「陽性者と接触した可能性がある」旨が表示される。接触の件数や日時などの詳細はアプリの「陽性者との接触を確認する」から確認できる。

 アプリのダウンロード数は7月2日17時時点で約499万となった。

接触確認アプリ アプリトップの「陽性情報の登録」から、処理番号を登録する
接触確認アプリ 陽性者と接触した可能性がある場合、通知が来る。詳細は「陽性者との接触を確認する」から分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう