店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2020年10月30日 17時00分 公開

店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」開始 大阪府から

PayPayは、大阪おおきにアプリ事業に登録した飲食店を対象に店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」を提供開始。「PayPay」アプリで注文用QRコードを読み取り、注文から決済まで行えるため感染症対策と店舗業務の効率化に繋がるという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 PayPayは、10月30日に大阪府の対象店舗で店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」を提供開始した。

PayPay 「PayPayテーブルオーダー」利用の流れ

 本サービスは利用者の「PayPay」アプリを利用し、飲食店のテーブルや座席から飲食物の注文や決済が行えるというもの。アプリの「テーブル注文」アイコンから注文用QRコードを読み取り、テーブル番号を入力するとアプリに店舗のメニューを表示。注文商品や数量などを選択して商品を受け取り、完了通知を押すと支払いが完了する。不特定多数が触れるメニュー表をや退店時の会計作業が不要となり、利用者と従業員の接触機会も減るため、感染症対策や店舗業務の効率化につながるという。

PayPay 注文用QRコード

 支払は「PayPay残高」のみ可能。「Yahoo! JAPANカード」を含め、クレジットカードでの支払い、「PayPayあと払い(一括のみ)」では利用できない。

 対象店舗は、大阪府が「大阪コロナ追跡システム」の普及拡大とキャッシュレス化の同時推進を目的として行う「大阪おおきにアプリ事業」へ登録した飲食店。事業期間中の2022年3月31日までPayPayテーブルオーダーを無料(別途決済手数料が必要)で利用できる。また、設置された大阪コロナ追跡システム登録用のQRコードをスキャンし、メールアドレスを登録して飲食店のストアページ(PayPayマイストア)からもアクセスできる。

PayPay 画面イメージ
PayPay 「大阪コロナ追跡システム」からの利用方法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう