店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2020年07月31日 16時22分 公開

リクルートの「Airレジ ハンディ」、ユーザーのスマホで注文できる「セルフオーダー」提供開始

リクルートのオーダーエントリーシステム「Airレジ ハンディ」にて、7月30日に「セルフオーダー」を提供開始。店舗が提示するQRコードユーザーが読み取れば、ユーザーのスマホから注文が行えるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートのオーダーエントリーシステム「Airレジ ハンディ」が、7月30日に「セルフオーダー」を提供開始した。

 Airレジ ハンディは、POSレジアプリ「Airレジ」と予約台帳アプリ「レストランボード」と併用することで、来店者の配席や注文入力から注文送信、会計連携までの業務を効率化するシステム。来店者とスタッフの接触機会を低減できるため、新型コロナウイルス感染症対策としても有効としている。

Airレジ ハンディ Airレジ ハンディ

 セルフオーダーでは、店舗が提示するQRコードをユーザーが読み取れば、ユーザーのスマホから注文が行えるようになる。ユーザー側はアプリのダウンロードや事前登録も不要で、店舗側はAirレジ ハンディのWebサイトにある事前登録フォームから申し込みできる。QRコードはハンディで表示して読み取ることも、印刷して利用者のテーブルに設置することも可能だ。

Airレジ ハンディ 「セルフオーダー」利用イメージ

 注文画面にはメニュー名だけでなく商品の画像を掲載でき、おすすめ商品や食べ・飲み放題対象商品の強調も可能。設定した注文数に達すると自動で売り切れ表示に切り替わり、会計依頼やお冷など注文以外の呼び出しにも対応する。

Airレジ ハンディ 注文画面イメージ
Airレジ ハンディ 売り切れイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう