今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年01月30日 15時55分 公開

Pontaポイントは「選択制」に:ドコモとリクルートが業務提携 リクルートグループのサービスで「dポイント」がたまる(2020年度第3四半期から)

NTTドコモとリクルートが、Webサービスに関する業務提携契約と、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開に関する基本合意書を締結。リクルートグループのWebサービスにおいて、2020年度第3四半期をめどに「dポイント」がたまるようになる他、一部の「Airペイ」加盟店でも2020年4月をめどにdポイントに対応する。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモとリクルートは1月30日、Webサービスに関する業務提携契約と、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開に関する基本合意書を締結したことを発表した。ドコモのポイントサービス「dポイント」を軸に、提携と協業を強化するという。

概要 業務提携と基本合意の概要

業務提携の概要

 リクルートグループが提供する12のWebサービス(じゃらん、ホットペッパーグルメなど)を対象に、dポイントをためたり利用できたりする仕組みを2020年度第3四半期(2020年10〜12月)をめどに導入する。利用には「リクルートID」と「dアカウント」の連携が必要となる。

 今後は、dポイント加盟店の販促支援やマーケティング面での協業も検討するという。

たまるポイントは「Pontaポイント」との選択制に

 リクルートは「Pontaポイント」を提供するロイヤリティ マーケティングに出資しており、同社グループのWebサービスでは現状、同ポイントをためたり使ったりできるようになっている。今後、対象WebサービスにおいてPontaポイントとdポイントのどちらをためたり使ったりするのかを選択することになる。

ポイント Pontaポイントに対応するリクルートグループの主なWebサービス。2020年度第3四半期をめどに、これらのサービスがdポイントにも対応するイメージとなる

基本合意書の概要

 リクルートライフスタイル(リクルートの子会社)が提供する決済サービス「Airペイ」のオプションサービス「Airペイ ポイント」において、2020年4月をめどに対応ポイントプログラムとしてdポイントを追加する。

 これにより、Airペイ ポイントを導入しているAirペイ加盟店では、「Tポイント」「Pontaポイント」「WAONポイント」に加えてdポイントをためたり使ったりすることができるようになる。

 今後は、中小個店向けの業務・経営支援に貢献できる新しいサービス「Airシリーズ for docomo(仮)」の提供を共同で検討するという。

Airペイ ポイント Airペイ ポイントを導入したAirペイ加盟店で使えるポイントプログラム。4月をめどとして、ここにdポイントが加わる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう