世界を変える5G
ニュース
» 2020年12月09日 10時15分 公開

KDDI、既存周波数の3.5GHz帯での5Gサービスを提供 東名阪エリアで

KDDIは、既存周波数の3.5GHz帯を用いた5Gサービスを、2020年12月中旬以降に東名阪エリアで提供する。同社は新規周波数の3.7GHz帯や28GHz帯に加え、LTEで使用している既存の周波数も5Gに活用していく。2022年3月までに約5万局の5G基地局を開設させる見通し。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは、既存周波数の3.5GHz帯を用いた5Gサービスを、2020年12月中旬以降に東名阪エリアで提供する。

au 5G 既存周波数を活用して5Gエリアを拡大していく

 KDDIでは、5Gエリアを早期に拡充すべく、新規周波数の3.7GHz帯や28GHz帯に加え、LTEで使用している既存の周波数も5Gに活用していく方針を掲げている。auの5Gエリアは2020年12月に47都道府県をカバーし、2021年3月までに約1万局、2022年3月までに約5万局の5G基地局を開設させる見通し。

 3.5GHz帯での5G通信を利用するには、12月中旬に提供予定のソフトウェアアップデートを行う必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう