速報
» 2020年12月22日 10時56分 公開

OnePlus、センサーと連動して背面の色が変化する「OnePlus 8T Concept」をコンセプト端末として発表

OnePlusが、背面の色が変わる「OnePlus 8T」ベースのコンセプト端末を発表した。金属酸化物の反応で色が変わるフィルムを載せたガラス製背面の色が、着信やモーションセンサーへの入力で青から銀に変化する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国のスマートフォンメーカーOnePlusは12月21日(現地時間)、センサーと連動して背面の色が変化するコンセプト端末「OnePlus 8T Concept」を発表した。10月発表の「OnePlus 8T」をベースに、新開発のモーショントラッキングレーダーと、そのレーダーと連動して色が変化する特殊加工の背面素材を追加した。

 oneplus 1 「OnePlus 8T Concept」

 背面に採用したのは、同社が「ECMF(Electronic Color, Material and Finish)」と呼ぶ技術。ガラスに金属酸化物を含む色が変化するフィルムを載せ、電圧をかけると金属酸化物の活性化で色が変化するようにした。


 センサーの新技術「mmWave」は、5G技術の応用という。米Googleが「Pixel 4」で採用したモーションセンサーのように、オブジェクトを認識し、位置を特定し、追跡できる。

 この2つの新技術を組み合わせることで、着信を背面の色の変化で知らせ、ユーザーは端末に触れずにジェスチャーで通話を開始したり拒否したりできる。また、ユーザーの呼吸と動機して色を変化できるようにして端末をバイオフィードバック端末にすることも可能だとしている。

 oneplus 2 カメラモジュール近くにあるセンサーに手をかざすと背面の色が変わる

 あくまでもコンセプト段階であり、この機能を搭載した端末が発売されるかどうかは不明だ。OnePlusは今年の1月、CESでコンセプト端末「Concept One」を披露したが、商品化はしていない。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう