今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年12月22日 16時31分 公開

LINE PayがApple Payに対応 Visa LINE Payプリペイドカードを使用

モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」が「Apple Pay」に対応。「iD」の端末に「iPhone」や「Apple Watch」をダブルクリックしてかざせばQRコード決済と共通のLINE Pay残高で支払いが行える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」が、12月22日に「Apple Pay」へ対応した。

LINE Pay 「LINE Pay」が「Apple Pay」へ対応

 「LINE」アプリ上から、LINE PayのメインメニューにあるApple Payボタンをタップすれば設定可能。支払い時はTouch ID搭載のiPhoneならホームボタン、Face ID搭載のiPhone/Apple Watchはサイドボタンをダブルクリックしてかざせば国内121万箇所以上の「iD」加盟店で支払いができる。対応OSはiOS 13.0以降。

 LINE Pay残高をiDで決済可能にする仕組みとして、Apple Pay設定時にバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を発行。本カードはVisa加盟店でのオンラインショッピングでも利用でき、これに伴いJCBのプリペイドカード「LINE Pay カード」の新規発行とQUICPay+への新規登録は順次終了する。なお、LINE Pay カードの既存会員は有効期限までは利用できる。

LINE Pay 利用の手順

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう