レビュー
» 2021年03月14日 10時00分 公開

ahamoはどんな人にオススメ? 「1人暮らし」から「家族での利用」までを検証(1/3 ページ)

ドコモは3月26日から、月額2700円(税込み2970円)で通信量20GB、通話1回5分無料の新プラン「ahamo」を提供する。現在、家族でドコモを利用中の場合もファミリー割引などを維持したまま移行しやすいプランとなっている。この記事では、ahamoにすると既存のドコモのプランより安いのか、1人暮らしや家族での月額料金について検証した。

[島徹,ITmedia]

 ドコモは3月26日から、月額2700円(税込み2970円)で通信量20GB、通話1回5分無料の新プラン「ahamo」を提供する。現在、家族でドコモを利用中の場合もファミリー割引などを維持したまま移行しやすいプランとなっている。また、この価格なら他社の低価格プランからドコモへ乗り換えたいという人も多いだろう。

ahamo ドコモは3月26日から「ahamo」を提供。月額2700円で通信量20GBと安価なプランだ

 そこでこの記事では、ahamoにすると既存のドコモのプランより安いのか、1人暮らしや家族での月額料金について検証した。まずはahamoの特徴をおさらいした上で、料金について見ていこう。料金は全て税別。

ahamoは“スマホ&LINE中心”の層向け

 ahamoの特徴は、サービス内容を「若者向けメイン」に絞ることで20GB月額2700円を実現した点だ。もう少し踏み込むと、「通話やメールはLINE中心で、オンライン決済やサービスの利用に慣れた人向け」と言えば分かりやすいだろう。

ahamo(月額2700円 通信量20GB)の主な特徴

  • 〇ドコモの5G/4Gエリアと高速通信を利用できる
  • 〇SMSとプラスメッセージに対応
  • 〇国際ローミングを82の国・地域で追加料金なしに使える
  • 〇通話1回につき5分の通話料が無料
  • ○ファミリー割引の回線数や、ドコモ光のペア登録が可能
  • △契約や各種手続きは基本オンラインのみで提供
  • ×キャリアメール(〇〇〇〇@docomo.ne.jp)を使えない
  • ×キャリア決済(spモード コンテンツ決済サービス)を使えない
  • ×留守番電話サービスを使えない

 実際、ahamoは申し込みやサポートがオンライン中心で、キャリアメール(〇〇〇〇@docomo.ne.jp)は利用できない。自身がスマホに不慣れな場合や、同世代の知り合いとの連絡にキャリアメールが必要な場合は、引き続き「ギガホ」や「ギガライト」などドコモの標準的な料金プランの利用が無難となる。

ahamo ahamoの受付やサポートは、専用サイトやアプリからの申し込みやチャットを利用する

 対応端末は2021年3月時点で、iPhone 6以降、ドコモの販売したAndroidスマートフォンはXperia Z2やAQUOS R、Galaxy S8以降など合計93機種が含まれる。一部モデルは利用にOSアップデートが必要となる他、一部の機能が制限される場合もある。ここ2〜3年以内にドコモで機種変更した人の大半は、手持ちのスマホをそのまま利用できると考えていい。

 新しくスマートフォンを購入する場合は、ahamoの新規契約(MNP含む)や料金プランの移行時に、ahamoのサイトから「iPhone 11」「Xperia 1 II」「Galaxy S20」を、以前よりやや安価に購入できる。なお、他の機種をドコモオンラインショップから購入する場合はプラン変更前に購入するか、6月までの間は一時的に契約プランをギガプランへ変更してから購入する必要がある

ahamo ahamoのサイトでもスマートフォンを販売。当初は、iPhone 11やXperia 1 IIなど比較的最近のハイエンドモデルをやや安価に販売する

1人でも月額2000円以上安い! でも20GBでは足りない場合は?

 まず、1人暮らしや2人向けの月額料金から見ていこう。冒頭の通り、ahamoはネットの利用に慣れた人向けなので、大容量の料金プランは4月開始の「ギガホ プレミア」系のプランと比較している。

 ahamoで特に安くなるのは、日常でのネット利用はLINEやSNS中心で、たまに動画視聴やPCとのテザリング接続を利用する通信量20GB以内の人だ。現在ギガホに月額5000円以上払っているが、実際に利用する通信量が20〜3GBの間という人なら、月額料金を2000円以上安くできる。

日常でLINEやネットを利用、たまに動画視聴やPCでの作業もする人

  • ahamo(20GB)……月額2700円

ahamo スマホの他に、PCやタブレットとのテザリングも利用するが、通信量20GBも使わない。そんな人にとって、ahamoはピッタリのサービスだ

 だが、普段からスマホの動画視聴やPC接続の多い人、最近テレワークでPCのネット接続が多い人だと、ahamoの通信量20GBでは足りない。例えばビデオ会議や動画視聴を1時間利用すると、サービスによってはで約1GBも消費する。通信量の多さをシンプルに解決するには、通信量無制限の「5Gギガホ プレミア」か「ahamo+光回線」の契約がオススメだ

 まず、「最近はテレワークや在宅生活で通信量が不足している」なら、その期間だけ5Gギガホ プレミアや、4Gスマホなら通信量60GBの「ギガホ プレミア」を一時的に契約するのも1つの手だ。もし離れて住む家族がドコモ利用者なら、最安で月額4380円か4480円に抑えられる。通信量を使わなくなってきたら、ahamoに切り替えればいい。

 また、仕事などで移動が多く在宅時間が少ない人で、ahamoの通信量20GBでは足りないなら5Gギガホ プレミアやギガホ プレミアの契約が無難だ

短期間のテレワークや、1日のほとんどを外出先で過ごす人

  • 5G向け「5Gギガホ プレミア(無制限)」……月額6650〜4480円※
  • 4G向け「ギガホ プレミア(60GB)」……月額6550〜4380円※
※みんなドコモ割(3回線以上)+ドコモ光セット割+dカードお支払い割

 在宅中のPCやネット利用が多い人、IT系企業で今後もテレワークが当たり前になりそうな人は、「ahamo+光回線」の契約がオススメだ。光回線なら自宅で下りと上りともに高速かつ安定した通信を利用でき、快適なビデオ会議やファイルの送受信、4K映画視聴、ネットゲーム、IoT機器を利用できる。ahamoを検討中の人には、最初からこの利用スタイルを想定している人も多いだろう。

在宅が多く、高速回線でテレワークや動画視聴を利用する人

  • ahamo(20GB)……月額2700円
  • 光回線……月額4000円前後〜
  • 合計……月額6700円前後〜

ahamo 光回線は通信量使い放題に加えて、ダウンロードとアップロードの両方とも高速。低遅延なので、ゲーム機でのネットゲームにも最適だ

 ただし現在のところ、ahamo契約者自身はドコモ光を契約しても割引がない。他にドコモを利用している家族がいないなら、各社のフレッツ光コラボ回線や、「auひかり」「eo光」「NURO光」「UCOM光」などサービス内容や安さ重視で他社の光回線を選んでも問題ない。ただ、ahamoも競争上、何かしらの割引やキャンペーンを開始する可能性も否定はできない。今後の動きは注視しておこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう