OPPOの“ローラブルスマホ”を体験 ディスプレイが伸び縮みする仕組みとは?

» 2021年03月26日 11時58分 公開
[石野純也ITmedia]

 日本でOPPOのスマートフォンやアクセサリーを展開するオウガ・ジャパンは、ローラブルスマホの「OPPO X 2021」の実機を一部メディアに公開した。このモデルは、2020年11月にOPPOが開催した「OPPO Innovation Day」で披露したコンセプトモデル。試作段階のため、現時点でこのモデルをそのまま販売する予定はないというが、実機は製品に近い形でハードウェアだけでなく、ソフトウェアまで作り込まれていた。

OPPO X 2021
OPPO X 2021 オウガ・ジャパンは、コンセプトモデル「OPPO X 2021」の実機を公開した

 まずは、簡単にその特徴をおさらいしていきたい。OPPO X 2021は、縮めると6.7型(1175×2592ピクセル)、伸ばすと7.4型(1785×2592ピクセル)にディスプレイのサイズ、解像度が可変する端末。ディスプレイサイズが変わるという点では、折りたたみ型のフォルダブルスマホと同じだが、折るのではなく、伸縮でサイズを変えているのが大きな違いだ。縮めた際には、ディスプレイの左右が半分だけ巻かれたような形になるため、「ローラブル」とも呼ばれる。

モーターの力で、徐々に端末が伸びていくことが分かる。縮めたときのサイズは6.7型だが、開くと7.4型になり、タブレットに近いサイズ感になる

 いずれにせよ、ディスプレイ自体は曲げなければならない。そのため、ディスプレイには、ガラスではなく、曲がりやすいプラスチックが採用されている。伸縮可能といっても、ユーザーが自由に引っ張ったり、押し込んだりできるわけではなく、制御には2つのモーターを活用。本体側面に搭載されたボタンをダブルクリックするか、なぞると、「ウィーン」という音とともに、本体のフレームが動き、ディスプレイのサイズが徐々に変わっていく。背面や底面を見ると、その構造が分かりやすいかもしれない。

OPPO X 2021
OPPO X 2021 端末の上部と底面。フレームが中心軸を挟み込むように伸縮していることが分かるはずだ
OPPO X 2021
OPPO X 2021 伸ばすと向かって右側のパーツが動いていき、パカッと割れたように見える

 このモーターのおかげで、滑らかな伸縮が可能になっている。一定の動力をかけ、力が均等に分散するためだという。本体内部には、櫛(くし)のような形の骨組みがあり、これを2つかみ合わせている。中心軸の厚さは6.8mmで、薄さと耐久性のバランスを取ってこの数値になったという。中心軸を挟み込むようにフレームがあるが、こちらの厚みは不明。一般的なスマホより、やや厚いようにも感じられた。

OPPO X 2021
OPPO X 2021 OPPO X 2021の内部構造。2つのモーターを使い、くしのような骨組みをかみ合わせることで、滑らかな伸縮を可能にしている
OPPO X 2021 OPPO X 2021の側面。ボタンは電源キーだが、指紋センサーや伸縮ボタンの役割も兼ねる

 実際、上記の動画で伸縮している様子は、あたかもマジックのよう。手のひらの上で、端末が徐々に大きくなっていくのは、フォルダブルスマホとは違った驚きがある。試作機ながら、10万回の伸縮テストも実施しており、一般的な利用で約5年、ヘビーユーザーでも2、3年利用できる耐久性があるという。

 ソフトウェアは、OPPO X 2021の伸縮機構に合わせ、カスタマイズが施されている。写真や動画を表示させたまま本体を開くと、画面のサイズに合わせて自動的にリサイズされる他、アプリも画面比率に合わせたユーザーインタフェースに切り替わる。左右にそれぞれ別のアプリを表示する画面分割機能にも対応する。

OPPO X 2021
OPPO X 2021 同社端末に搭載されるAndroidベースのColorOSをOPPO X 2021用にカスタマイズ。画面サイズに合わせて、ユーザーインタフェースが自動で切り替わる。アプリを左右に並べることも可能だ
カレンダーのレイアウトが、サイズに合わせて自動で調整された
徐々に画像が伸びていき、7.4型の画面いっぱいに広がる

 ただし、ディスプレイサイズは6.7型と7.4型のどちらかで、伸縮を途中で止めて、中間のサイズにすることはできない。また、伸ばすと横の解像度は上がるが、伸ばしきった状態でも、縦長であることに変わりはない。伸ばした状態でタブレットのように使うには、端末自体を横にする必要がある。サイズ変更が自由にできたり、伸ばしたときのサイズがもっと大きくなったりすれば、フォルダブル以上に実用性が上がるはずだ。製品化に向けたブラッシュアップに期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年