ニュース
» 2021年03月29日 20時30分 公開

arrowsの富士通コネクテッドテクノロジーズが「FCNT」に社名変更 4月1日付

「arrows」や「らくらくスマートフォン」で知られる富士通コネクテッドテクノロジーズが、4月1日付で商号(社名)を変更する。変更後の商号は、従来から略称として用いていた「FCNT(エフシーエヌティー)」だ。

[井上翔,ITmedia]

 富士通コネクテッドテクノロジーズは4月1日付で、商号(社名)を「FCNT(エフシーエヌティー)」に変更する。

FCNT FCNTロゴ。これまでも発表会の資料などで使われてきたものだが、社名変更後はこれが正式なロゴとなるようだ

 富士通コネクテッドテクノロジーズは、富士通から携帯電話端末に関する事業を分社する形で2016年2月1日に発足した。同時に、富士通はPCの開発/製造に関する事業とコンシューマー向けPCの販売事業も分社し、富士通クライアントコンピューティング(現在は中国Lenovoグループ傘下)に継承している。

 富士通は2018年3月30日、保有する富士通コネクテッドテクノロジーズの株式の70%をポラリス・キャピタル・グループ(ポラリス)が運営するファンド(ポラリス第四号投資事業有限責任組合)に譲渡した。現在、資本ベースにおいて富士通コネクテッドテクノロジーズはポラリスの傘下にある。

 「FCNT」は今まで、富士通コネクテッドテクノロジーズの略称として使われてきた。4月1日以降は従来の略称が正式な商号ということになる。同社では「Creating New “Connects”(新しい“つながり”の創出)」をミッションとして掲げ、「arrows」や「らくらくスマートフォン」といった携帯電話端末を継続して提供しつつ、5G/IoT時代に向けた次世代端末の開発、ソリューションビジネスやサービスビジネスの展開を加速していくという。

現行ラインアップ 富士通コネクテッドテクノロジーズの現行端末ラインアップ。NTTドコモ向けの製品が中心だが、ソフトバンクや楽天モバイル向けの製品や、自社で手がけるSIMロックフリー製品も用意している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう