ニュース
» 2021年05月17日 13時15分 公開

auとUQ mobileが5Gホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を発表 6月4日に発売Wi-Fi6にも対応

auとUQコミュニケーションズが、5G対応のホームルーターを発売する。Wi-Fi 6による高速なワイヤレス通信と、強固なセキュリティを実現し、専用アプリ「ZTELink JP」で各種設定や確認できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は6月4日、5G対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」(ZTE製)を発売。5月18日10時から販売予約を受け付ける。

 なお、同製品はUQコミュニケーションズでも同日から、「WiMAX+5G」に初めて対応するホームルーターとして販売される。

KDDI Speed Wi-Fi HOME 5G L11

 L11は自宅のコンセントに繋げばインターネットに接続できるため、回線工事が不要であることが特徴だ。Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応し、暗号化プロトコルとして「WPA3」も利用可能で、より高速な高速ワイヤレス通信と強固なセキュリティを実現している。

 専用アプリ「ZTELink JP」でスマートフォンからデータ通信量や電波状態の確認、端末の設定も行える。サイズは約70(幅)×182(高さ)×124(奥行き)mm、重量は約599gとなる。

auでは新プランが登場

 auでは同日から、5G対応ホームルーター向けの新しい料金プラン「ホームルータープラン 5G」を提供する。月額料金は5458円(税込み、以下同)で「2年契約N」「5Gルーター割」を適用すると25カ月間は4721円で利用できる。

 このプランは「au 5G」「au 4G LTE」の一部エリアとWiMAX 2+エリアにおいて月間容量無制限で利用できる。ただし、直近3日間で15GB以上通信した場合、混雑する時間帯の通信速度を上下最大1Mbps程度に制限する。

KDDI 料金表

「WiMAX 2+」からの移行優遇措置の対象に

 UQコミュニケーションズでは次世代通信システム5Gへの移行に伴い、2022年秋から一部の地域においてWiMAX 2+の最大通信速度(理論値)を半減させる。

 今回のホームルーターは、auおよびUQコミュニケーションズにおける移行優遇措置の対象となる。詳しくは、各社のWebサイトを確認してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう