香港で世界初の「画面が伸びる」スマホ展示が開始、一般客の反応は?山根康宏の海外モバイル探訪記

» 2021年05月31日 11時54分 公開
[山根康宏ITmedia]

 LGエレクトロニクスがスマートフォン事業撤退を発表しました。これにより、同社が開発していた「LG Rollable」と呼ばれる、画面が左右に伸び縮みするローラブルディスプレイを搭載したスマートフォンは、発売されないことになってしまいました。折りたたみ型のスマートフォンの次の技術として期待されている、このローラブルディスプレイを搭載した製品は、現在OPPOやTCLが開発を進めています。

 OPPOは既にコンセプトモデル「OPPO X 2021」を発表し、各国で実機を披露しています。あくまでもコンセプトモデルのため、発売は未定ですが、香港ではスマートフォン販売の大手量販店に実機の展示が始まっています。

OPPO スマートフォン販売量販店で展示が始まった「OPPO X 2021」

 展示している実機は誰もが触れる状態ではなく、ショーケースに入れられています。ディスプレイの表示は定期的に変わっており、また画面も一定時間ごとに伸びたり縮んだりしています。こうやって展示するためのデモモードがあらかじめ用意されているのでしょう。

OPPO 画面には動画やWebページなどのコンテンツが常に表示されている

 画面が縮むとブラウザ表示も細くなり、タブレット画面→スマートフォン画面へと表示の様子が変わる様も見ることができます。ローラブルディスプレイの動きをしっかりとアピールしています。

OPPO 自動的に伸びたり縮むことで、画面表示の変化も確認できる

 展示している量販店の場所は、香港でも若者が多く集まる繁華街、モンコック。そのため来客の多くがこのOPPP X 2021を見ているのかと思いきや、ほとんどの人が存在に気が付いていないようです。実はOPPOは香港ではまだそれほどメジャーなブランドではなく、またローラブルディスプレイもまだまだ一部の層にしか知られていません。

OPPO 背面に回って撮影。片側で保持して本体を展示している

 OPPOとしてはOPPO X 2021を展示してOPPOの技術力も大きくアピールしたいところでしょう。香港は新型コロナウイルスの抑え込みにある程度成功しており、大型展示会も復活しています。4月頭にはIT系のローカル展示会もあったのですが、そこに出展してOPPO X 2021をアピールする、なんてこともやった方がよかったように思います。

OPPO 4月頭のイースター連休に香港で開催された展示会

 とはいえ、OPPO X 2021に気が付いた来客たちは、しばしその動きに目を引かれるようです。ディスプレイがたためるスマートフォンですら、まだそれほどメジャーな存在にはなっていませんが、ディスプレイが伸びるなんてスマートフォンは、来客のほぼ全てが見たことないはずですから当然でしょう。

OPPO 閉じた状態もスタイリッシュだ

 筆者はOPPO香港で実機を触ってみましたが、ディスプレイの巻き取り部分の強度に心配はあるものの、自在に画面サイズを変えられるローラブルディスプレイには未来を感じました。OPPOとしてもコンセプトモデルとはいえ、実機を展示するということは、いつかは製品化を目指しているはずです。世界初のローラブルスマートフォン、いつ実現されるのか楽しみになってきました。

OPPO モーターで動く本体。ギミックを見ているだけでも楽しい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  8. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年