ニュース
» 2021年06月10日 13時45分 公開

KDDI、遠隔での水中点検を可能とする「水空合体ドローン」開発

KDDIは、自律飛行する空中ドローン(親機)へ水中ドローン(子機)を搭載した「水空合体ドローン」を開発。点検場所まで自律飛行した後に子機を分離し、遠隔で水中の点検を可能とする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、KDDI総合研究所、プロドローンは6月10日、世界初をうたう「水空合体ドローン」の開発を発表。5月31日に技術実証を完了したという。

KDDI 水空合体ドローン

 点検場所まで自律飛行する空中ドローン(親機)へ、リアルタイムの映像伝送や音波での測位が可能な水中ドローン(子機)を搭載。スマートドローンプラットフォームを活用し、点検場所まで自律飛行した本機に対して遠隔で飛行、着水、分離、潜航、浮上、回収、帰還といった一連の動作が行える。

KDDI 利用イメージ
KDDI 利用の様子

 ダムや港湾設備の点検、水産漁場監視をはじめとした点検分野での省人化と安全確保を目的とし、2021年度中に各用途に応じた実証を行って2022年度の商用化を目指す。

 また、6月14日から6月16日まで開催される「ジャパンドローン2021」へ本機体を出展。スマートドローンプラットフォームの事例や取り組み、対応した6つの機体も展示する。

KDDI 「ジャパンドローン2021」での主な展示

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう