ニュース
» 2021年06月25日 07時01分 公開

JBLが快適なフィット感を追求した完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE PRO+ TWS」を投入

ハーマンインターナショナルは、ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE PRO+ TWS」を発表した。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは6月25日、ハイブリッド・アクティブ・ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE PRO+ TWS」を発表、本日からJBLオンラインストア、JBL Store(横浜)、JBL公式楽天市場店で販売を開始する。カラーバリエーションはホワイト、ベージュ、ブラックの3カラーを用意。直販価格は1万7800円だ(税込み)。

 耳へのフィット感を重視した、ショートスティック型デザインのボディーを採用しているのも特徴で、サイズと形状が異なる5種類のイヤーチップが付属する。

JBL LIVE PRO+ TWS JBL「LIVE PRO+ TWS」
JBL LIVE PRO+ TWS 製品パッケージ
JBL LIVE PRO+ TWS 11mm径のドライバーを内蔵する。スティック部分(平らな部分)は約29mmある
JBL LIVE PRO+ TWS イヤーチップを取り外したところ
JBL LIVE PRO+ TWS イヤーチップは手前の浅め(S/M/L)と深め(M/L)の5サイズが付属する
JBL LIVE PRO+ TWS 耳へのフィット感にとことんこだわったという
JBL LIVE PRO+ TWS カラーは3色用意される

 Bluetooth 5.0接続に対応した左右独立タイプの完全ワイヤレスイヤフォンで、同社上位モデル「JBL CLUB PRO+ TWS」にも採用したハイブリッド型ノイズキャンセリング機能を搭載。片側2基(左右計4基)のノイズキャンセリング用マイクにより、外部のノイズを大幅に低減することができる。またイヤフォンを外すことなく外部の音を取り込める「アンビエントアウェア」機能も備えた。

JBL LIVE PRO+ TWS 左右合計で6つのマイクを内蔵し、クリアーなボイスと優れたノイズキャンセル機能を実現する
JBL LIVE PRO+ TWS イヤフォンを構成するパーツ
JBL LIVE PRO+ TWS 充電ケースはサイズが約57(幅)×49(奥行き)×29(高さ)mm、重量が約49.5gと小型軽量だ。カバーを開けると前面のランプが点灯し、バッテリー残量が示される
JBL LIVE PRO+ TWS 接点は3つずつある
JBL LIVE PRO+ TWS 充電はワイヤレス(Qi対応)かUSB Type-C端子を利用する。10分の充電で1時間動作できる高速充電もサポートする
JBL LIVE PRO+ TWS iOSとAndroid用アプリ「JBL My Headphones」の画面。耳へきちんとフィットできているかをチェックできたり(左)、スティック部分にさまざまな動作を割り当てられたりできる(中央)。見当たらないイヤフォンを鳴らすことも可能だ(右)
JBL LIVE PRO+ TWS 付属品一覧

 ボディーはIPX4準拠の防水機能を搭載。左右のユニットを用いる通常のステレオ利用に加え、どちらか片方でも使用できる「Dual Connect」機能も利用できる。自動ペアリング機能のGoogle Fast Pairおよび+Syncにも対応した。

 バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングオフの音楽再生時で連続最大7時間/ケース側の充電可能時間は最大21時間だ(ノイズキャンセリング時での音楽再生は最大約6時間/ケース充電可能時間は最大18時間)。

photophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう