世界を変える5G

楽天モバイル、SA方式の5Gデータ通信に成功

» 2021年07月12日 16時40分 公開

 楽天モバイルは7月12日、東京工業大学大岡山キャンパスで実施したStand Alone(SA)方式5Gモバイルネットワークでのデータ通信の実証成功について発表した。

楽天モバイル 5G SAのイメージ

 本実証では東京工業大学の協力のもと、東京工業大学の大岡山キャンパスへ5G SAに対応した端末を用いて5G SAネットワークのデータ通信テストを実行し、安定した5G SAの稼働を確認した。同社の5G SAは、完全にクラウドネイティブなモバイルネットワークとして「Rakuten Communications Platform」上で稼働。コンテナ技術やマイクロサービスを導入し、RANからコアネットワークまでエンドツーエンドでCNF(Cloud-Native Network Functions)として機能している。

楽天モバイル 本実証の5G SAネットワークのイメージ

 また、同社は6月24日に商用5Gネットワークの一部で5G SA機能の導入を開始。本実証で得られた結果は5G SAネットワークの品質向上や、商用サービスの展開に向けた準備に活用するという。

 今後、同社では5G SAでネットワークスライシングやエッジコンピューティングなど、5Gで本格的に実現する機能の動作検証を順次行う予定。東京工業大学とも5Gネットワークを活用する実証実験に向けた取り組みを進め、5G活用に向けた技術開発を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年