ニュース
» 2021年09月15日 17時20分 公開

iPhone 13シリーズは「デュアルeSIM」対応(中国向けモデルを除く)

日本時間の9月24日に発売されるiPhone 13シリーズは、中国向けモデルを除き「デュアルeSIM」に対応する。2枚(2回線分)のeSIMでデュアルSIM運用ができるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 Appleのスマートフォン「iPhone」は、全世界で同じモデルが販売されているように思われているが、実際は国/地域によってハードウェアの仕様が異なる幾つかのモデルを売り分けている。ここ数年のiPhoneは、おおむね「米国モデル」「中国モデル」「その他の国/地域向けモデル」の3つに分類することができ、場合によっては「その他の国/地域向けモデル」が複数用意されていることもある。

 2018年に発売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」以降のiPhoneは、中国モデルを除いて「eSIM」に対応している(※)。nanoSIMスロットと合わせて使うことで「デュアルSIM」運用も可能だ。

(※)中国モデルはeSIMに対応しない代わりに、nanoSIMカードを2枚搭載できる(参考リンク

 nanoSIMカードとeSIMで異なるキャリアを組み合わせれば、通信に冗長性を持たせられる。「通話用回線」「データ通信用回線」をうまく組み合わせて、通信代金を節約するこも可能だ。

eSIM iPhone XS以降のiPhoneはデュアルSIMに対応。中国モデル以外では、nanoSIMとeSIMの組み合わせで実現している

iPhone 13シリーズでは「デュアルeSIM」に対応

 9月14日(米国太平洋時間)に発表されたiPhone 13シリーズも、中国モデル以外においてnanoSIMとeSIMの組み合わせのデュアルSIMに対応している。

 従来のeSIM対応iPhoneでは、複数枚のeSIMを保存することはできても通信で使えるのは1枚のみだった。それに対して、iPhone 13シリーズは2枚のeSIMを同時に利用できる「デュアルeSIM」に対応している

 くしくも、日本では大手キャリアのeSIM対応が一通り完了した所である。iPhone 13シリーズのデュアルeSIM対応で、eSIMそのものの普及が進むか注目したい。

eSIM 中国モデル以外のiPhone 13シリーズはデュアルeSIMをサポートしている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー