今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2021年12月08日 16時45分 公開

銀行口座から「モバイルSuica」などに直接チャージ ローソン銀行とJR東日本が2022年春をめどに提供専用アプリが必要

ローソン銀行とJR東日本が、提携金融機関の預金口座の残高からモバイルSuicaにチャージできるサービスを開始する。利用には専用アプリが必要で、口座登録時にローソン銀行のATMでの「本人確認」も求められる。

[井上翔,ITmedia]

 ローソン銀行と東日本旅客鉄道(JR東日本)は2022年春をめどに、ローソン銀行が提供するスマートフォンアプリ(チャージアプリ)を介して銀行口座から「モバイルSuica」に直接チャージできるサービスの提供を開始する。対応する金融機関と電子マネーは、順次拡大するという。

概要 ローソン銀行とJR東日本が提供するサービスの概要

サービスの概要

 このサービスでは、ローソン銀行が提供するチャージアプリを利用する。チャージ元の口座は、同社の「即時口座決済サービス」に対応する金融機関のものを登録できる。登録の際には、ローソン銀行のATMでの本人確認が必要だ。12月8日現在、対応が決まっている金融機関は以下の通りとなる。

  • ローソン銀行
  • きらぼし銀行
  • 八十二銀行
  • 栃木銀行
  • 高知銀行
  • トマト銀行
  • きらやか銀行
  • 香川銀行

 チャージに対応する電子マネーも、12月8日現在はモバイルSuicaのみとなるが、こちらも順次拡大する予定だという。

イメージ チャージアプリとATM認証のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年