Apple Vision Proは3499ドルで来年初頭に発売――日本円で49万円は妥当な値段なのか石川温のスマホ業界新聞

» 2023年06月18日 10時00分 公開
[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 アップルのティム・クックCEOがWWDC基調講演で「One More Thing」と言って発表した「Apple Vision Pro」。3499ドル、日本円で約49万円という価格設定が話題だ。

製品プレゼンを聞いた後に価格が発表されたが、確かに搭載されている部材を考えてみれば納得の値付けでもある。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2022年6月10日に配信されたものです。メールマガジン購読(税込み月額550円)の申し込みはこちらから。


 Mac用のM2チップに加えて、センサーなどから信号を処理する独自開発の「R1チップ」、さらに12個のカメラ、5つのセンサー、6つのマイク、切手サイズの4Kディスプレイが2枚も入っていることを考えると、アップルはApple Vision Proを売ったとしても大儲けはできないのではないか。

 実際にApple Vision Proを装着し、アップルが提唱する「空間コンピュータ」を体験してみたが、IT業界に住んでいるのであれば、49万円を出していち早く購入して、この世界観のなかで日常生活を送るというのも悪くないだろう。

 アップルが言うとおり、Macでパーソナルコンピュータ、iPhoneでモバイルコンピュータが世間に普及した。まさに「第3の革命」としてApple Vision Proが空間コンピューターとして我々の生活に入り込んでくる未来がやってきそうな気がしている。

 もちろん、3499ドル(約49万円)という価格設定では一般への普及はあり得ない。

おそらく、アップルとしてはApple Visionシリーズを何年も継続的に出していくだろう。当初はアップルファンとアプリ開発者ぐらいしか買わないが、しばらくするとチップの性能がさらに進化し、AI処理によって、搭載するカメラなどのセンサーの数を減らせるようになる。

 するとコスト削減ができるので「Apple Vison」というスタンダードモデルが登場。数年後、そのスタンダードモデルが「Apple Vison SE」となって販売されるのではないか。

 iPhoneも発売当初はその革新性があまり理解されずに販売に苦労した。日本ではソフトバンクが「Everybodyキャンペーン」で実質ゼロ円でバラまいて、ようやく普及した。

Apple Watchも毎年のように新製品を出し続けたことで、なんとかウェアラブル機器として定着した。

 願わくば、日本に上陸するであろう2024年には、もうちょっと為替レートが円高に振れてくれるとありがたい。今の段階では49万円だが、為替レートが1ドル114円程度になれば、40万円を切ってくるのでだいぶ印象が変わってくる。

 ただ、メガネっ子はZEISS製の視力補正レンズが別途必要になる。

 また、基調講演時、Apple Vision Proの値段発表した際には「Apple Vision Proは3499ドルから」という言い方をしていたため、3499ドルはあくまでエントリーモデルの値段であり、容量などによってはさらに高価なモデルも存在しそうだ。

 個人的には「5G対応モデル」も期待したいのだが、果たしてどうなることやら。

© DWANGO Co., Ltd.

アクセストップ10

2024年06月26日 更新
  1. iPhoneのSuicaが改札で反応しない原因は? 対処法も解説 (2024年06月25日)
  2. 中国スマホが“とある場所”で「消しゴムマジック」を使えないワケ 実際に検証してみた (2024年06月25日)
  3. 小型スマートフォンを使っていますか? 今後使いたいですか? (2024年06月25日)
  4. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  5. 「OPPO Reno11 A」はどこがお得? Y!mobile、楽天モバイル、IIJmio、mineo、メーカー直販を比較 (2024年06月24日)
  6. ハイエンドスマホを毎年格安で機種変更 ソフトバンクの「新トクするサポート(プレミアム)」をオススメできる人、できない人 (2024年06月24日)
  7. スマホ用カメラグリップ「SNAP CAM」発売 シャッターボタン付きでモバイルバッテリーにもなる (2024年06月24日)
  8. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  9. auが新料金プラン「スマホスタートプランベーシック 5G/4G」を7月1日から提供 22歳以下なら1年間は月額2178円(Amazon Prime Studentの1年間利用権付き) (2024年06月25日)
  10. “プロ仕様”の撮影ができるカメラアプリ「Blackmagic Camera」のAndroid版が登場 Google Playで無償配布 (2024年06月24日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー