LINEのAndroid向けアプリで強制終了の不具合 一時的な回避策は「1文字目を絵文字にする」

» 2023年06月28日 00時45分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 コミュニケーションアプリ「LINE」でメッセージが送れず、強制終了する不具合が見つかった。Twitterで同様の報告が相次いでいるが、6月28日0時45分時点においてLINEによる案内はない。

LINE Android 強制終了 Android向けのLINEアプリ

 LINEのAndroid向けアプリで、メッセージを送信すると、文字数に関わらずアプリが強制終了してしまう。回避策として、メッセージの頭(最初の1文字目)に「絵文字」を入れると、強制終了せずにメッセージを送信できる。謎の回避策に戸惑うだろうが、強制終了で困っている方は試してほしい。

 ITmedia MobileではiPhone 14 Pro MaxとGalaxy Z Fold4を用意し、互いの端末でメッセージを送り合ったところ、Android 12を搭載したGalaxy Z Fold4でLINEアプリの強制終了を確認できた。iPhoneでは絵文字を使わずにメッセージを送信しても強制終了することはなかった。

LINE Android 強制終了 1文字目を絵文字にすると、強制終了せずに送信できる

 Twitterには「LINEで返信できない」「27日22時までは問題なく使えた」「文字打とうとしたら、LINEが強制終了した」「最初の一文字目にLINE絵文字使うと回避できた」などと投稿されており、同様の報告が目立つ。

LINE Android 強制終了 LINE公式Twitterアカウントによる案内はない

2023年6月28日13時5分追記

 この不具合について、LINEスタンプ公式Twitterアカウントは「Android版LINEの一部バージョンで、 アプリがクラッシュしてしまう不具合が発生した」とアナウンスしている。

 合わせて、LINEアプリから「設定」→「スタンプ」の順に進み、「サジェスト表示」をオフにすることで、改善が見られたとしている。サジェスト表示は入力したテキストに合うスタンプや、絵文字を変換候補として表示する機能で、これが原因で不具合が生じたと見られる。

2023年6月28日13時10分追記

 LINEスタンプ公式Twitterアカウントは「同日4時58分頃に不具合が疑われる原因について対処した」とした上で、「その後、正常に動作するかどうかを確認している(経過観察中)」とコメントしている。

2023年6月28日20時24分追記

 LINE広報によると、約13万人に影響が及んだという。

2023年6月28日21時30分追記

 「ユーザーの好みに合ったスタンプを高い精度で表示する連合学習機能(Federated Learning)のモデル更新の過程で不具合が発生してしまったこと」(LINE広報)が原因で、トーク画面でテキストを入力すると、LINEアプリが強制終了する事象が発生しまったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月21日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー