ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2012年08月30日 15時20分 公開

アプリで朝まで無料通話、メールは「使わない」――女子高生が語る、今どきの“スマホ事情”(2/2 ページ)

[本宮学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

アドレス交換は意外と“アナログ”

 かつて携帯電話同士のアドレス交換手段といえば「赤外線通信」が主流だったが、今ではiPhoneをはじめ、赤外線通信機能を持たないスマートフォンも多い。今どきの女子高生は、どのように電話番号やアドレスを交換しているのだろうか。

 「わたしはアドレスを書いた紙をコピーして友達に渡す。アナログです」とみちさん。他にも「QRコードのアプリを使って」(わこさん)や「mixiやTwitter経由で」(ゆうさん)といった声が上がった。

photo 友達とのアドレス交換手段(有効回答数:1596件)

 調査でも、友達とのアドレス交換手段は「紙に書いて渡す」(30%)や「(相手のアドレスを)直打ち」(16%)といった“アナログ”な方法が目立った。とはいえトップは「赤外線通信」(44%)で、このほか「QRコード読み取り」が5%、「Bump(データ共有アプリ)」が3%、「LINEのふるふる(連絡先交換機能)」が2%だった。

「プリクラ帳は作らなくなった」

photo スマホに替えて「プリクラ帳は作らなくなりました」と話すまつもとさん(中央)

 プリクラを張り付ける「プリクラ帳」は、今ではスマートフォンに役割を取って代わられつつあるのかもしれない。

 「プリクラ帳は作らなくなりました」とまつもとさん。わこさんも「(プリクラ帳を)いちいち作るのは面倒くさい。プリクラを撮ったら、画像をデータでスマートフォンに送ってそのままです」と話す。

 一方、スマートフォンのカメラをプリクラ機の代わりにしている場合もあるようだ。「スマートフォンに替えてから写真をいっぱい撮るようになりました」とわこさん。撮影した写真は画像編集アプリで加工し、メールで友達に送ったりするという。

ソーシャルゲームは「オタクっぽい」「彼氏がはまってたら嫌」

 「Mobage」や「GREE」などソーシャルゲーム業界の成長が続いているが、女子高生の間での利用状況はどうだろうか。意外なことに、5人の中にこうしたソーシャルゲームのユーザーはいないという。「オタク系の男子がやってる。みんなで戦ってます」(全員)

 ソーシャルゲームで遊ぶのは「オタクっぽい」のだろうか。「自分の彼氏がはまってたら嫌ですね」とありてぃさん。ゆうさん、みちさんは「サッカーとかスポーツ系のゲームなら許せる」と話す。「スポーツ系のゲームならいいけど、RPGは嫌ですね」(みちさん)

 だが、ソーシャルゲーム以外のゲームなら遊ぶという女子も多いようだ。調査では、スマートフォンでゲームを「毎日する」が36%、「たまにする」が31%という結果に。まつもとさんは「太鼓の達人」アプリにはまっているといい、有料版にグレードアップしたこともあるという。

photo スマートフォンでゲームをする頻度(有効回答数:1165件)

スマホ上で「お金使ったことない」が7割

 有料アプリの購入など、スマートフォン上で有料サービスを利用するという女子はどの程度いるのだろうか。調査では「スマートフォン上でお金を使ったことはない」が69%という結果だった。

 「ある」の内訳をみると「アプリを購入する際」(16%)がトップで、以下「複数あり」(8%)、「ゲーム内アイテム購入で」(3%)、「LINEスタンプの購入で」(2%)、「デコメ素材などの購入で」(2%)と続いた。座談会メンバーのみちさんは、スマートフォン上で音楽をダウンロード購入することもあるという。

photo スマートフォン上でお金を使ったことがあるか(有効回答数:965件)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.