ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中高生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中高生」に関する情報が集まったページです。

益若つばさ、息子の13歳バースデーを祝福 成長まとめた動画に「こんなお母さんになりたい」「うるうるくる」の声
息子は中学生になり、寮生活をスタート。(2021/4/12)

益若つばさ、中学生になった息子と2ショット 寮生活のスタートに「お互い第二章が始まった感じです」
最近は毎日連絡を取り合っているようです。(2021/4/9)

「全然変わりませんね」「ぶっちぎりでタイプ」 “34歳の高校生”スザンヌ、17年前のリアル女子高生ショットに反響
細眉に時代を感じる……!(2021/4/7)

スザンヌ、“34歳の高校生”になる「息子に負けないように頑張ります」 母校の通信課程に再入学
スザンヌさん「子どもが小学校1年生ですし、一緒に学びたいなという気持ちが強くなった」(2021/4/6)

AI学習を進める前の準備運動として活用:
Study-AIが「中学生から分かるAI数学講座」を無料配信
Study-AIは「中学生から分かるAI数学講座」の無料配信を開始した。本講座を受講することで、AIの資格試験「E資格」に出てくる数式を読めるようになるという。活性化関数や確率分布などについても学べる。(2021/3/24)

eスポーツを通じて高校生の新たな可能性を育てる――2021年の活動をNASEF JAPANが発表
日本でも、eスポーツと教育が徐々に距離を縮めつつある。2020年には北米教育eスポーツ連盟の日本本部となるNASEF JAPANが設立された。ここでは、NASEF JAPANが開催した国際教育eスポーツサミットの模様をお届けする。(2021/3/22)

ガンダム実写作品「ガンダムビルドリアル」配信 高校生のガンプラバトル描く
総監督は「踊る大捜査線」で知られる本広克行さん。(2021/3/18)

本当に満足できるのか? 中高生向けモバイルノートPC「LIFEBOOK EH」を中学生と高校生に使わせてみた
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、高学年の小学生から高校生をターゲットとするモバイルノートPCを発売した。その実力はいかほどのものか、筆者の娘(高校1年生)と息子(中学1年生)に使ってもらいつつ確かめてみよう。(2021/3/18)

「うっせぇわ」Adoが高校卒業 卓越した才能に年齢を忘れていたファンも「そうだ…この子は高校生なんだった…」
まだ18歳とは……!(2021/3/18)

小学生男子がなりたい職業、3位「サッカー選手」、2位「YouTuber」、1位は……?
第一生命保険が小・中・高校生を対象にした第32回「大人になったらなりたいもの」の結果を発表。コロナ禍の影響があったと同社は分析している。(2021/3/17)

アドビ、教育ICT化推進のための実証実験を開始 インテルと共同で東京都立三鷹中等教育学校に「メディアラボ」を開設
アドビとインテルは、高校生の創造性の育成と発揮を支援する「メディアラボ」を東京都立三鷹中等教育学校に開設した。(2021/3/2)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(11):
画像/動画データのディープラーニングの本質が視覚的に分かる「スカラ」「ベクトル」「行列」「テンソル」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「スカラ」「ベクトル」「行列」「テンソル」について、数式を使わずに図版とPythonコードで解説します。(2021/2/19)

「食えない君も好きなんだ」 美しい妖怪に2つの意味で“狙われる”高校生 「送り狼」の伝承を描いた漫画にドキドキ
送り犬は非常にバリエーション豊かな妖怪です。(2021/2/14)

【10年以上同じゲームをやってる人取材】中学生→二児の父親になるまで「テイルズ オブ デスティニー2」をやっても飽きない理由
主人公と同じくらいの年齢で始めて、今では30代。(2021/2/18)

1位はくせ者女子中学生4人組のコメディー『4人はそれぞれウソをつく』1月22日〜29日のねとらぼ人気漫画ランキングTOP10
ねとらぼで紹介している漫画が人気でした。(2021/1/29)

マイナビ調査:
「もう限界?」コロナ禍の飲食業従事者 仕事を辞めて新しいバイト探しをする傾向
マイナビは中学生を除く全国の15〜69歳の男女を対象に「非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査」を実施した。(2021/1/29)

【中二病で包帯を巻いていた人インタビュー】中学校に「手首に紋章を描いて、包帯で隠すプチブーム」がやってきた理由
中学生のお財布事情と校則とカッコよく感じるものを考えると、意外と合理的……?(2021/4/8)

高校生作「アーマード・コア」用の操縦席コントローラーがロマンの塊 身体が闘争を求める製作者に話を聞いた
スティック操作に連動してシートが動きます。(2021/1/25)

目に優しい「カラーノート」、コクヨが発売 きっかけは視覚過敏を抱える高校生のツイート
高校生のうったえを受けて、2019年から始動。(2021/1/22)

イメージ真逆! 寺田心が新CMでリーゼント&ヤンキー座り、突然の“ツッパリ”姿でもやっぱり心くん
もうすぐ中学生の心くん。(2021/1/20)

偏見助長:
ファミマ「お母さん食堂」が大論争! 「私作る人、僕食べる人」と同じ構造
コンビニ大手ファミリーマートの総菜ブランド「お母さん食堂」をめぐり、高校生3人が名称変更を求める署名活動を行った。女性に対する偏見を助長するという主張だが、ネット上では賛否両論だ。(2021/1/12)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(10):
あの「モンティ・ホール問題」で当選率33%が66%になる理由が分かり、生き上手になれる「ベイズの定理」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「ベイズの定理」について分かりやすい図を交えて解説します。(2020/12/25)

子供が“SNS広報”を体験 商店街の魅力発信
小学生や高校生が商店街の広報担当を務める「SNS子ども広報体験」が、大阪市の生野本通中央商店街で始まった。新型コロナウイルスの影響で人出が少なくなった商店街に、にぎわいを取り戻すのが狙い。(2020/12/11)

成層圏から地球が見えた! 8年ぶりに回収された気球の映像を楽しむポイント
気候研究者の堀正岳さんによる、高校生らが8年前に飛ばした観測気球の気象学的な解説記事です。(2020/11/24)

なだぎ武×ジョイマン高木×もう中学生に聞く“芸人が俳優として舞台に立つということ” 舞台「ハイスクール!奇面組」座談会
ボケとツッコミが展開される座談会動画も掲載。(2020/11/21)

ジャスト、クラウド型通信教育「スマイルゼミ 中学生コース」を大幅リニューアル 来春より
ジャストは、同社提供のクラウド型通信教育「スマイルゼミ 中学生コース」のリニューアルを発表した。(2020/11/20)

「Zoom」女子中高生にも流行る 学校の授業から“オンライン自習”まで
マイナビが発表した、2020年女子中高生に流行ったモノランキングでは、1位にTikTok、2位にZoom、3位に無観客ライブ――と、オンラインサービスがトップ3を独占した。(2020/11/19)

小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:
2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始
サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。(2020/11/18)

PS4を“携帯ゲーム機化”する高校生登場 アタッシェケースに液晶と基板を詰め込み1時間稼働可能
外で開いて周囲をビビらせたい。(2020/11/12)

キャラクターデザインに岸田メル起用 「雪の宿」の三幸製菓が初のアニメCMを公開
チーズアーモンド、雪の宿サラダ、雪の宿黒糖みるく味が高校生に。(2020/10/31)

高校生戦隊ヒーローが地球を守る「高速戦隊ターボレンジャー」 10月30日からYouTube無料配信
車モチーフ戦隊の元祖、流れ暴魔ヤミマル&キリカなど好敵手キャラも魅力。(2020/10/28)

“高校AI部”で人材育成 山形で産学官連携プロジェクト始動
山形県内の企業や大学、自治体が連携して、高校生を対象にしたAI人材養成プロジェクトの運営組織を発足した。地域全体でAI人材を育て、将来的には地元で活躍することで、循環型経済の形成と地域の活性化を後押しする。(2020/10/26)

メカ設計ニュース:
オートデスク基金、中高生ロボコンチームのフェイスシールド製作に寄付金を贈呈
オートデスクは、「Autodesk Foundation」から中高生ロボコンチーム「SAKURA Tempesta」への寄付金贈呈式をオンラインで開催した。コロナ禍において、いち早く「Fusion 360」を用いて感染対策用フェイスシールドを作成し、医療機関などへの寄付活動を開始したことが高く評価された。(2020/10/22)

HDMI入力可能(切替式):
小学校高学年から高校生までに最適なノートPC「LIFEBOOK EH」登場 12月10日発売予定
富士通クライアントコンピューティングの学生向けPCに新モデルが登場。今度は小学校高学年から高校生をターゲットとした製品で、スペックも比較的高めとなっている。(2020/10/19)

「22歳ですけどいいですよね?」 藤田ニコル、違和感ゼロの制服姿に反響「現役で通るかわいさ」「まだまだ似合います」
高校生にしか見えない。(2020/10/12)

「中学生に見えない」 ダレノガレ明美、大人っぽすぎる“美少女モデル”との2ショットを披露
14歳と30歳。(2020/10/7)

香川県のゲーム規制条例、高校生がきょうにも県を提訴へ
「香川県が4月に施行した『ネット・ゲーム依存症対策条例』は違憲」として、同県の高校生が県を相手取り、9月30日に高松地方裁判所へ提訴する見込みだ。(2020/9/30)

鈍感すぎる男子高校生の恋愛相談4コマが予想外の甘酸っぱさ! 「笑ったしええ話」「最初やばいやつかと」 ともだえる人続出
そうくるかー。(2020/9/18)

「イッッケメン!!!」 斎藤工、高校生時代のスーツ姿がクラスの女子をなぎ倒しそうな色気放つ
こんな同級生がいたらたまったもんじゃない。(2020/9/4)

中学校でのオンライン授業の実態は? TesTeeとMMDLaboが全国調査を実施
TesTeeとMMDLaboは、「オンライン授業に関する中学生とその親の実態調査」についての結果を発表した。(2020/8/28)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(9):
宝くじなどギャンブルをやめた方がよい統計学的な理由――「確率」と「確率分布」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、AIがデータとの最適な対応関係を見つけるのに重要となる「確率」と「確率分布」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/8/25)

NHK「批判は認識している」 戦時下を実況する「ひろしまタイムライン」が原典にない“朝鮮人”投稿で物議
「75年前、戦時中の中学生がTwitterをしていたら?」という企画。(2020/8/21)

ROLAND、スタッフ宅の本棚で発見した浜辺美波の写真集をお持ち帰り 「写真集見る時、完全に男子高校生」
浜辺さんの写真集はミニマリストも必要と判断。(2020/8/15)

N高、初の運動部 ダンスレッスンをZoomやSlackで 「高校生ダンス界に新しい風を」
通信制高校「N高等学校」が初の運動部「N高ダンス部」を10月に開設。音楽ユニット「EXILE」などが所属する芸能事務所、LDHのグループ会社であるexpgと協力し、ZoomやSlackを使ったダンスレッスンを提供する。(2020/8/14)

中高生のオンラインレッスン受講経験は18.8%――テアトルアカデミーのコミュニケーション調査
テアトルアカデミーが10〜20代を対象とした「オンライン上のコミュニケーションに関する調査」の結果を発表した。2割以上がオンライン飲み会(お茶会)への参加経験があり、中高生のオンラインレッスン受講経験は18.8%となった。(2020/8/13)

AWA、歌詞を美しく表示する「LYRIC DIVE」機能を追加 曲のメッセージ、中高生の音楽ファンに
定額制音楽配信サービスを運営するAWAは、アプリ上で歌詞をビジュアル表示する「DIVE」機能を追加すると発表した。COTODAMAが開発した「LYRIC DIVE」技術を採用する。(2020/8/11)

彼女とキスしたいけどタイミングが分からない…… 悩む男子高校生の漫画が甘酸っぱくてキュンキュンする
これがアオハルっていうやつか……。(2020/8/7)

中学生の学校スマホ持参、条件付きで容認へ 登下校時の連絡手段として
文部科学省が、中学生が学校に携帯電話を持ち込むことを、条件付きで許可する方針を決めた。登下校時の連絡手段として使いたいと保護者からの要望があることを踏まえて決定した。(2020/7/14)

「JC・JK流行語大賞2020年上半期」コトバ部門1位は「◯◯しか勝たん」 アーティストはSNS活用が鍵
女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMF(東京都港区)は、2020年1月から6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」を発表した。同大賞は「JCJK調査隊」のメンバーのアンケートをもとに選考会を開催し、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて選出している。(2020/7/8)

KDDI、コロナ休校の高校生を支援 9月1日からイーオン英会話レッスンを4カ月間無償提供
KDDIは、新型コロナウイルス感染症防止のための休校により学習が困難になった高校生の教育環境を支援。9月1日〜12月31日にイーオンの英会話レッスンを1万人へ無償提供する。(2020/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。