レビュー
» 2005年11月07日 12時00分 公開

TVキャプチャーユニット:レイアウトフリーなLAN接続型/業務機器ふうデザインのTVユニット──「DNT-888L」「DVR-777U」 (6/6)

[石川ひさよし,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

外部出力ができるDVR-777U、LAN接続で機器を共有できるDNT-888L

 DVR-777Uは、高性能なUSB接続タイプの外付けTVチューナーといった位置付けであるため、その高性能という面を追求するユーザー向けの仕様となっている。単にUSB接続の製品であればほかにも多数あるわけで、使い勝手としては、PCI拡張カード型やUSB2.0接続タイプのほかの製品と異なる点はとくに見あたらない。そのようななかDVR-777Uは、最大15Mbpsでの録画や、外部出力が行える点はポイントの1つとなるだろう。

 DNT-888Lは、何よりLAN接続タイプのキャプチャーユニットだということであることが何よりのポイントだ。

 これを1台めのチューナーとして利用するのも十分だが、ネットワークというのは長所であり短所でもある。設定可能なビットレートは最大8Mbpsまでとなっているが、それより大きなビットレートが必要といったこだわりユーザー以外は必要十分といえると思う。

 ネットワーク接続のメリットは、TVアンテナ端子のない部屋でTV視聴したり、筆者のようなアパート住まいで1つの部屋にしかアンテナがない場合でも外部入力を通じて(チャンネルコントロールまではできないが)別の部屋で視聴することも可能なわけだ。ベランダ付きの洒落たマンションのベランダで、TVを無線LANで楽しみながら午後の紅茶などという最近のメーカー製PCのCMのようなことも夢ではない。また同社としては想定の範囲外かもしれないが、固定IPやVPN(仮想プライベートネットワーク)などを組み合わせて活用することもできうるだろう。

 さらに、たとえばネットワークメディアプレーヤーなどからもDNT-888Lを参照できたり、NASに直接録画できたりなどができれば、さらにはデジタルチューナーを搭載してくれれば、PC周辺機器の枠を飛び出すこともでき非常におもしろそうである。そうした今後の展望や、アプリケーションを含めDNT-888L/DVR-777Uは、昨今の“PC録画派”のツボを付いた、魅力的な製品である。

カノープス「DNT-888L」

カノープス「DVR-777U」

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう