クールでスリム、あるいは超豪華+レーザーか──ロジクールのキーボード+マウスセット新モデル2種を試すキーボード&マウス(6/6 ページ)

» 2005年11月24日 20時00分 公開
[石川ひさよし,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

各拡張ボタンへ、かなり広い範囲で機能割り当てカスタマイズ可能

 ロジクールファンは、そのカスタマイズ項目の豊富さに惹かれることも多い。ユーティリティツール「SetPoint」によるカスタマイズ項目は、前述のS-510より拡張ボタン/キーの数が格段に多いので、当然多岐にわたる。

 なお、SetPointではFロックキーを除く拡張ボタンは「ホットキー」と分類されている。ホットキーのメディアコントロールに関する項目ではメディアプレーヤーを、メール、メッセンジャーに関わる項目ではメールソフトやメッセンジャーソフトを指定できる。

photo キーボード上の拡張ボタンはホットキーに分類され、カスタマイズが可能
photo ファンクションキー拡張機能も同じく細かな割り当てが可能

 操作感はやや膨らんだ最下段のキー、とくにスペースキーなどは入力しやすいので好印象だ。ただS-510よりもストロークが深く、若干だがカチャッ感が少なく感じる。このあたりは錯覚か個体差か、もちろんユーザーの好みにも分かれるが、筆者の好みはどちらかというとS-510である。

 ただしマウスはレーザーセンサー搭載モデルである、というのは大きなポイントとなりえる。その高精度さは、光学センサーモデルでは苦手だった場所──たとえば真っ白な机上や光沢のある表面などでもほぼ問題ない。キーボードセットにおいてこのレーザーマウスの採用を望んでいたユーザーも多いことだろう。

 S-510はその薄くスクエアな形状にて、リビングPC用として活用したい、あるいは左右対称型のマウスを好むユーザーなどにお勧め。対してMX-3000は、レーザーマウスが付属するということでいままでマウスパッドを使用しなければ光学マウスが使えなかった場所があり不満があったユーザーや、その豊富な拡張ボタン機能を大いに便利に活用したいユーザー全般に向くといえそうだ。

ロジクール「Cordless Desktop S510(S-510)」

ロジクール「Cordless Desktop MX3000 Laser(MX-3000)」

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  5. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー