特集
» 2005年12月26日 09時00分 公開

第1回 「アキバらしさ」とは何かPCパーツショップが考える秋葉原ブーム(2/3 ページ)

[岩城俊介&古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

「秋葉原」と聞いて思い浮かぶイメージ

 これらは単なる一般的ブーム(つまり廃れる可能性もある一時的な注目)なのか。実際アキバに訪れる人はどのように思っているのか、将来のアキバ像をも探るため、現在「秋葉原」について抱いているイメージを聞いてみた。

  • IT産業の拠点
  • アニメ
  • 家電
  • メイドカフェ
  • 電気街
  • オタク
  • サブカルチャー
  • パソコン・PCパーツ
  • 萌え
  • そのほか(フリーコメント)

 有効回答数は100。年齢層は16歳から56歳、男女比率は61:39で、いわゆるPCパーツやアニメファンのユーザーはもちろん、明らかな観光ふうの人までなるべく隔てなく、秋葉原駅に降り立った人全般を対象とした。上位3位をチェックしてもらい、1位は3ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイントとして集計した。

1位2位3位総得点得票数
1電気街31131413358
2メイドカフェ18191010247
3オタク1414269654
4パソコン・PCパーツ423147241
5アニメ1210147036
6萌え1210126834
7家電4602410
8IT産業の拠点414189
9サブカルチャー135149
10そのほか(鉄道模型)01021
11そのほか(ミリタリーグッズ)00111
 合計100100100600300

 秋葉原来街者が抱くイメージではやはり「電気街」という答えが多かった。アンケートの項目で1位に選んだ人が31名もおり、ほかを大きく引き離している。

 なお得票数は「オタク」より少なかったが、上位にチェックする人が多かったことから「メイドカフェ」が次点、次いで「オタク」「パソコン・PCパーツ」「アニメ」と続く。ここでは、PCパーツやアニメ、家電など、趣味・目的にやや特化した単語ではなく、電気街、オタク、萌えといったある意味大枠のイメージとなる単語が上位に来ていることが興味深いところだ。

 ちなみに、同項目をPCパーツショップ・家電量販店店員氏ら当事者に聞いたプレ調査では「アニメ」が断トツのトップで、次いで「萌え」や「メイドカフェ」といった項目が上位を占めた。

photo メイドさんなど、コスプレ姿の人がビラ配りする風景が普通に見られる。これもほかの街にはあまりない特徴の1つ

 今回の結果は、今年6月に日本能率協会総合研究所が行った秋葉原に関するイメージ調査とほぼ同じ傾向を示している。「PCパーツ」「家電」を含む“電気街”というイメージと、「メイドカフェ」「萌え」などの流行ワード的イメージが強いようだ。

PCパーツショップが撤退・縮小傾向?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.