レビュー
» 2006年03月23日 19時30分 公開

きょうはPentium Extreme Edition 965の性能を試してみた (1/4)

インテルが新しいPentium Extreme EditionとなるPentium Extreme Edition 965(以下Pentium XE 965)を発表した。新しいPentium XE 965は従来モデルのPentium XE 955に比べて270MHzほどクロックが引き上げらた3.73GHzで動作する。そのクロックアップがどれほど性能に影響しているだろうか検証してみた。

[笠原一輝,ITmedia]

動作クロックが向上した「だけ」の新しいPentium XE 965

 今回発表されたPentium XE 965は、基本的には12月に発表されたPentium XE 955と同じ延長線上にある製品だ。ベースとなるコアは65ナノメートルプロセスルールで製造されるPresler(開発コード名)である。デュアルコアでHTテクノロジに対応するので論理コアは4つとして認識されるが、物理的には2つのコアが存在する。そのそれぞれのコアには2MバイトのL2キャッシュが組み込まれるのでCPU全体としては合計4Mバイトとなる。そのほか、仮想化技術のVTに対応やEM64T対応など、実装される機能も従来のPentium XE 955とまったく同じである。

 そのため、Pentium XE 965とPentium XE 955の違いはその動作クロックということになる。Pentium XE 955がベースクロックとなる266MHz(FSBのクロックは266MHzの4倍速動作=1066MHz)×13の3.46GHz設定であるのに対して、Pentium XE 965は266MHz×14の3.73GHz設定となっている。両者の違いはそれだけ。Pentium XE 965は単にクロックが上がっただけのバージョンと考えればいい。

ブランドプロセッサナンバクロック周波数システムバスL2キャッシュL3キャッシュ物理コア数論理コア数
Pentium Extreme Edition9653.73GHz1066MHz2MB×2-24
9553.46GHz1066MHz2MB×2-24
8403.2GHz800MHz1MB×1-24
Pentium 4 Extreme Edition-3.73GHz1066MHz2MB-12
-3.46GHz1066MHz512KB2MB12
-3.4GHz800MHz512KB2MB12
-3.4GHz800MHz512KB2MB12
-3.2GHz800MHz512KB2MB12

ブランドプロセッサナンバクロック周波数ソケットプロセスルールVTHTEISTEM64TXD
Pentium Extreme Edition9653.73GHzLGA77565nm-
9553.46GHzLGA77565nm-
8403.2GHzLGA77590nm--
Pentium 4 Extreme Edition-3.73GHzLGA77590nm--
-3.46GHzLGA775130nm----
-3.4GHzLGA775130nm----
-3.4GHzSocket 478130nm----
-3.2GHzSocket 478130nm----

 ただし、CPUコアのステッピングだけは変更されている。従来のPentium XE 955はBステップと呼ばれる初期出荷バージョンを採用していた。このBステップは、Pentium D 920のレビュー記事でも触れたようにC1E(C1ステート時の省電力拡張)とEIST(拡張版Intel SpeedStep テクノロジ)が無効になっていた。Pentium XE 965にはこの問題を改善したCステッピングコアが採用されている。CステッピングコアではC1EやEISTが利用できるようになっている。しかし、Pentium XEはEISTの機能を無効にしているため、実質的にはC1Eが新たに利用できるようになったと考えるべきだろう。

クロックが上昇してAthlon 64 FX-60との差は縮まったか

 それでは、ベンチマークプログラムを使ってPentium XE 9550の性能に迫ってみよう。今回の評価では、以前掲載したPentium XE 955のレビュー記事と同じベンチマークを利用している。ベンチマークの詳しい環境やそのベンチマークを採用した理由についてそちらの記事も参照していただきたい。

 テストは下記のシステム構成でおこなった。比較用CPUとして「Pentium XE 955」「Pentium D 920」「同820」「Pentium 4 670」「同660」「同650」「同640」「同630」「Athlon 64 FX-60」「同FX-57」「Athlon 64 X2 4800+」「同 X2 4400+」「同 X2 3800+」を用意した。

CPUAthlon 64 FX/Athlon 64 X2Pentium D/Pentium 4Pentium XE
チップセットnForce4 SLI x16Intel 945GIntel 975X
マザーボードA8N32-SLI DeluxeD945GTPD975XBX
メモリDDR400DDR2-667DDR2-667
メモリモジュールPC3200(3-3-3)PC2-5300(5-5-5)PC2-5300(5-5-5)
容量1GB
ビデオチップNVIDIA GeForce 6600(300MHz)
ビデオメモリ256MB(500MHz)
ビデオドライバNVIDIA ForceWare 80(v81.89)
標準解像度1024x768ドット、32ビットカラー
ハードディスクWesterDigital WD360
フォーマットNTFS
OSWindows XP Professional+ServicePack2+DirectX9.0c

SYSmark2004 SE/Office Productivity

 SYSmark2004 SEのOffice Productivityは、Microsoft OfficeやWebブラウザ、Adobe Acrobatなどを利用して、オフィスワーカーが文章を作るまでをシミュレートしたベンチマークテストだ。実在するオフィスアプリケーションを利用しているため、ユーザーの実利用環境に近い結果が出ると言われている。

 このテストではPentium XE 965がAthlon 64 FX-60を上回っている。ここ数製品に渡ってインテルのハイエンドCPUがSYSmark2004 SEの両方の結果(Office Productivityも後に出てくるInternet Contents Creationも)でAthlon 64 FXシリーズを下回るということが続いていただけに、Pentium XEが上回ったというのは久々に見る。とはいえ、その差はわずかである。ちょうど、Athlon 64でいうところのワングレード程度の差といえるだろう。

SYSmark2004 SE/Internet Content Creation

 SYSmark2004 SEのInternet Content Creationは、Adobe PhotoshopやPremiereなど実在する作成ソフトウェアを利用してコンテンツを作成し、最終的にWebサイトを作るまでをシミュレートするベンチマークソフトだ。コンテンツデータの編集をする場合の性能の目安になる。

 この結果はAthlon 64 FX-60がPentium XE 965を大きく上回った。従来モデルのPentium XE 955はAthlon 64 X2 4800+を下回る結果であるがPentium XE 965はAthlon 64 X2 4800+を上回る値を出している。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう