ニュース
» 2006年07月20日 11時30分 公開

新iPodの登場も示唆:米Apple、Intel Macが好調で増収増益を維持

米Apple Computerが第3四半期の業績を発表した。“Intel Mac”の販売が好調で売上高と純利益がともに伸びた。

[ITmedia]

Intel CPU搭載Mac――とくにノートPCが好調

2006年第3四半期の結果
製品 出荷台数 前期比 前年同期比
Mac全体 132万7000台 19%増 12%増
ポータブル 79万8000台 60%増 61%増
デスクトップ 52万9000台 14%減 23%減
iPod 811万1000台 5%減 32%増

 7月19日、米Apple Computerが2006年4月から6月までの第3四半期決算を発表した。売上高は43億7000万ドル(前年同期比24%増)、純利益が4億7200万ドル(同48%増)とともにアップした。

 右の表を見れば明らかな通り、新製品の投入が見送られているiPodがやや伸び悩む一方で、Intel CPUを搭載したMac――とくにMacBookやMacBook ProといったノートPC(ポータブル)が好調で業績を引き上げた格好だ。

 スティーブ・ジョブズCEOはコメントの中で「この四半期に売れたMacの75%以上がIntel CPUを搭載したモデルであり、(Power PCからIntel CPUへの移行は)これは我々がこれまで経験したことがないほど順調かつ大きな成功を示している」とし、iPodについては「米国内での市場シェアは依然として75%を超えており、これから登場するであろう新iPodにも大いに期待している」と述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう