レビュー
» 2007年04月12日 17時36分 公開

2007年夏 Vista搭載PC特集:15万円台の“プレミアム”ノートをねっとりと眺める――写真で見る「dynabook AX/53C」

全3機種にHome Premiumを採用し、実用的な性能を備えたうえで、さらに価格を下げてきた夏のdynabook AX。イイコトづくめのように思えるが、見ためはどうだろう?

[ITmedia]

 「“プレミアム”なワイドノートがエントリー価格で手に入る――dynabook AX」で紹介したように、2007年夏の東芝dynabookは、AXシリーズのコストパフォーマンスがトピックの1つだ。しかし、いくらスペック上でよく見えても、外観がチープだと購入候補にならない人も多いはず。

 dynabook TX/67Cのフォトレビューに続いて、次はdynabook AXの最下位モデル「AX53/C」を見ていく。もっとも、光沢感のある黒い筐体が用意されていないことを除けば、デザインはdynabook TXのパールホワイトモデルとほぼ同じで、共通のシャーシを採用している。ボディの質感はエントリーモデルとは思えない出来だ。

シックなパールホワイトの外装(写真=左)。下位モデルの液晶パネルは従来と同じ200カンデラで、最上位のSuper ClearView液晶に比べるとやはり暗め(写真=中央)。キーボードのピッチは19ミリ、ストロークは2.7ミリ(写真=右)
写真は左から本体前面/背面/左側面/右側面。インタフェース周りは、dynabook TXと同じだ
もちろんdynabookロゴも青く光る。ただ、試作機からか、dnyabookの「k」の文字まで光が回っていなかった(写真=左)。天板の手前側と奥が緩やかに湾曲したラウンドフォルム(写真=中央)。新設計のヒンジ機構はMacBookを思い出させる(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう