ニュース
» 2007年04月12日 15時10分 公開

2007年夏 Vista搭載PC特集:20万円で買える地デジノートPC――Qosmio F30/83C

東芝AVノートPCのミドルレンジを担うQosmio F30は、従来のボディを踏襲する1モデルのみが発表された。春に比べるとやや寂しい内容だが、コストパフォーマンスの高さは健在。

[ITmedia]
Qosmio F30/83C

 4月12日に発表されたQosmio F30シリーズは、マイナーチェンジの1モデルがラインアップされている。4モデル全機種で“地デジ対応”を謳った春に比べると、(Qosmio G30の後継が未発表なことも含めて)“つなぎ”的な印象を受けるが、ハードウェアスペックは下位機種を引き継いでおり、20万円前後で購入できるコストパフォーマンスが目を引く。

 具体的な強化ポイントは、HDD容量が100Gバイトから120Gバイトにアップした点と、メモリクロックが上がった点のみ。そのほか、Celeron M 440(1.86GHz)やGeForce Go 7300、15.4インチワイドのClear SuperView液晶(1280×800ドット/2灯式490カンデラ)、2層対応DVDスーパーマルチ、802.11g/b準拠の無線LANといったスペックは踏襲している。本体サイズは、379(幅)×290.4×46〜52.1(高さ)ミリ。横スクロール機能付き光学式マウスとリモコンを同梱。

 実売予想価格は前述の通り20万円前後で4月中旬に出荷される。

Qosmioの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
Qosmio F30 F30/83C 2スピンドル マイナーチェンジ Celeron M 440(1.86GHz) 1024MB 120GB Home Premium 20万円前後
Qosmioの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
Qosmio F30 F30/83C 15.4インチワイド 1280×800 Intel 945PM 2層対応DVDスーパーマルチ GeForce Go 7300 地デジ 約4キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう