ニュース
» 2007年01月15日 15時00分 公開

2007年春 Vista搭載PC特集:Businessエディションで提供される軽量モバイル――dynabook SS SX

東芝のdynabook SS SXは、1スピンドル構成のモバイルノートPC。2007年春モデルは、OSにVista Businessを採用し、基本スペックを強化した。

[ITmedia]
dynabook SS SX

 東芝はdynabook SS SXの新モデルとして、Windows Vista Businessを採用した「SX/17A」「SX/15A」を発表、1月下旬より発売する予定だ。価格はオープン、実売予想価格はSX/17Aが22万円前後、SX/15Aが21万円前後。

 dynabook SS SXは、1280×800ドット表示対応の12.1インチワイド液晶を搭載する1スピンドル構成のモバイルノートPCだ。SX/17Aは約11.8時間駆動の9セルバッテリ、SX/15Aは約7.8時間駆動の6セルバッテリを搭載している。SX/17Aは、本体サイズが283.8(幅)×196.6(奥行き)×26.9〜48(高さ)ミリ、重量が約1.39キロ。SX/15Aは、本体サイズが283.8(幅)×196.6(奥行き)×26.9〜35.5(高さ)ミリ、重量が約1.24キロだ。

SX/17Aは9セルバッテリを搭載する

 バッテリ以外のスペックは共通となる。従来機と比べて、CPUはCore Solo U1300(1.06GHz)からCore Solo U1400(1.2GHz)に、メモリは512Mバイトから1Gバイト(512Mバイト×2)に強化された。HDD容量は60Gバイトに据え置かれている。

 ネットワーク機能は、1000BASE-Tの有線LAN、IEEE802.11a/g/b準拠の無線LAN、FAXモデムを装備。セキュリティ機能として、TPMセキュリティチップ、指紋センサーを搭載している。ボディのデザインに変更はなく、東芝HDDプロテクション、ショックプロテクター、プロテクトラバー、ウォーターブロック構造といった堅牢設計も従来通りだ。

 オフィスアプリケーションは、2モデルともOneNote 2007が付属。ほかのモデルと異なり、Office Personal 2007はバンドルされない。

dynabook SS SXの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
dynabook SS SX SX/17A 1スピンドル マイナーチェンジ Core Solo U1400(1.2GHz) 1024MB 60GB Business 22万円前後
SX/15A 1スピンドル マイナーチェンジ Core Solo U1400(1.2GHz) 1024MB 60GB Business 21万円前後
dynabook SS SXの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
dynabook SS SX SX/17A 12.1インチワイド 1280×800 Intel 945GM チップセット内蔵 約1.39キロ※
SX/15A 12.1インチワイド 1280×800 Intel 945GM チップセット内蔵 約1.24キロ※
※SX/17Aは9セル(約11.8時間駆動)、SX/15Aは6セル(約7.8時間駆動)のバッテリを搭載

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう