ニュース
» 2007年06月13日 17時00分 公開

レノボ大和研究所ツアー:ThinkPadの“拷問部屋”を体験してきました (2/2)

[後藤治,ITmedia]
前のページへ 1|2       

歴代モデルがズラリ、ThinkPadの回廊を歩く

 最後は大和研究所内の渡り廊下に設置されている歴代ThinkPadの展示スペースを紹介しよう。

 窓を広く切り、外光をふんだんに取り入れた廊下には、初代ThinkPad「700C」(1992年)を遡るPSシリーズをはじめ、バタフライキーボードの「701C」や、「その手があったか!……いや、あるのか?」と何やら不安な気持ちにさせられた「TransNote」など、思い出深い面々が並んでいる。写真を眺めながらIBM時代のThinkPadを懐かしむのも一興だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう