ニュース
» 2007年09月14日 09時31分 公開

HP Fall 2007 Consumer Launchリポート(プリンタ編):“Print 2.0”が切り開くHPの複合機/プリンタ――新モデルが多数登場 (3/3)

[田中宏昌,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

複合機のエントリーモデルではDVD/CDのレーベル面印刷に対応

 4色/6色交換型の複合機も、SPT採用モデルと同様にエンジンやインクの変更は行わず、給排紙の機構をブラッシュアップすることで印刷速度が向上している。

 「HP Photosmart C5280」は、同社の複合機で初めてDVD/CDレーベル面印刷機能に対応したほか、マルチトレイのサポート、スキャナ機能が4800×4800dpi(CIS)に向上した。「HP Photosmart C4385」はIEEE802.11g/b対応の無線LAN機能を備えた低価格モデルで、今回から用意された無線LAN機能を追加するオプショナルキットが99.99ドル(市場想定価格)であることを考えると、お得感は高い。エントリー向けのC4280は99ドルの低価格モデルながら、1.5インチカラー液晶ディスプレイを搭載して操作性を向上させた。

従来機「HP Photosmart C4180」を受け継ぐ「HP Photosmart C5280」(写真=左)。同社の複合機では初めてDVD/CDのレーベル面印刷に対応した(写真=中央と右)。12センチだけでなく8センチのメディアにも印刷が可能だ。また、C4180ではフォトトレイを左側面に収納していたが、本機で晴れてマルチトレイをサポートした

無線LANを標準搭載したエントリーモデルが「HP Photosmart C4385」だ(写真=左)。1.5インチのカラー液晶ディスプレイを搭載する(写真=中央)。メモリカードスロットも用意(写真=右)

複合機の最廉価モデル「HP Photosmart C4280」(写真=左)。こちらも1.5インチ液晶ディスプレイを搭載することで操作性を向上させている。中央と右の写真はオプションの無線LANキットで、プリンタに接続することでIEEE802.11g/b機能を追加できる。ただし価格は99.99ドルと高めだ

複合機のラインアップ
モデル名 C5280 C4385 C4280
インク 4色/6色交換 4色/6色交換 4色/6色交換
最小インク滴 5ピコ/15ピコ 5ピコ/15ピコ 5ピコ/15ピコ
最高印刷速度(モノクロ/カラー) 32/24ppm 30/23ppm 30/23ppm
4×6インチ最速印刷時間 27秒 25秒 25秒
スキャナ 4800×4800(CIS) 1200×2400(CIS) 1200×2400dpi(CIS)
液晶 2.4インチ 1.5インチ 1.5インチ
ADFユニット × × ×
マルチトレイ × ×
有線LAN × × ×
無線LAN × ×
Bluetooth × × ×
FAX機能 × × ×
メモリカードリーダ
PictBridge × × ×
DVD/CDレーベル面印刷 × ×
自動両面印刷ユニット × × ×
市場想定価格(米ドル) 149ドル 139ドル 99ドル

タッチスクリーン搭載機が2モデルに拡充――単機能プリンタ

 単機能プリンタではタッチスクリーン採用モデルとネットワーク対応モデルの増加がトピックだ。タッチスクリーンは従来の1モデルから2モデルに増え、パネルサイズも3.4インチから3.5インチと若干ではあるが大きくなり、ユーザーインタフェースも複合機と同じHP Photosmart Express 2.0になることで快適な操作が行えるようになった。

 また、最上位の「HP Photosmart D7460」は有線LANと無線LAN(IEEE802.11g/b対応)を、中位の「HP Photosmart D7260」は有線LANをサポートし、ネットワーク環境下での使いやすさを訴求している。なお、エントリーモデルの「HP Photosmart D5360」を含めて、印刷速度が向上した。

左からHP Photosmart D7460、D7260、D5360

単機能プリンタのラインアップ
モデル名 D7460 D7260 D5360
インク 染料6色(SPT) 染料6色(SPT) 4色/6色交換
最小インク滴 5ピコ 5ピコ 5ピコ/15ピコ
最高印刷速度(モノクロ/カラー) 34/33ppm 34/33ppm 32/24ppm
4×6インチ最速印刷時間 10秒 10秒 26秒
最大印刷解像度 4800dpi(カラー) 4800dpi(カラー) 4800dpi(カラー)
液晶 3.5インチタッチパネル 3.5インチタッチパネル 1.5インチ
マルチトレイ ×
有線LAN ×
無線LAN × ×
Bluetooth 別売 別売 ×
メモリカードリーダ
PictBridge
DVD/CD印刷 × ×
自動両面印刷ユニット 別売 別売
市場想定価格(米ドル) 179ドル 149ドル 99ドル

ユニークな形状の小型フォトプリンタが登場

 最後に小型フォトプリンタを簡単にまとめよう。

 日本では一足先に「HP Photosmart A628」が発売されたが(関連記事:タッチパネル液晶が写真印刷を変える――小型フォトプリンタ「HP Photosmart A628」)、これと同じプリントエンジンや3色一体型のインクカートリッジ(HP110)を採用したバリエーションモデルを、日本でも発売を検討しているという。

 そのうちの1つが、ダルマ型のユニークな形状をした「HP Photosmart A826」だ。タッチスクリーンが7インチに拡大しているほか、天面に最大100枚の用紙(2L判まで対応)を収納できるのが特徴だ。サイズは275(幅)×244(奥行き)×263(高さ)ミリとやや大柄で、重量は約2.5キロある。

 もう1つはタッチスクリーンを省いて低価格化を図った「HP Photosmart A526」で、市場想定価格が119ドル。液晶ディスプレイのサイズは2.4インチで、4×6インチのプリント速度は39秒だ。サイズは220(幅)×114(奥行き)×115.5(高さ)ミリ、重量は約1.17キロだ。

 なお、サポートOSは全モデルともWindows Vista/Windows XP(SP2)/Windows 2000(SP3以降)、Mac OS X 10.3.9/10.4以降となっている。

独特な形状が目を引く「HP Photosmart A826」(写真=左)。印刷時は前面のカバーを開く(写真=中央)。用紙は天面部分に格納しておくことが可能だ(写真=右)

7インチと大画面のタッチスクリーンを採用しているのが特徴だ(写真=左)。こちらはエントリーモデルの「HP Photosmart A526」(写真=右)。タッチスクリーンは省略されているが、119ドルという低価格が魅力である


 以上、数多くの製品を紹介した。日本で投入されるモデルや発売時期、価格などは現時点で未定だが、具体的な方向性やモデル展開は想像できるだろう。成熟の域に入った日本の複合機/プリンタ市場で、HPの新製品がどのように受け入れられるのか、非常に興味深いところだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう