samurai、軽量低価格の電子書籍リーダー「EYE-Reader THIN」を発表

» 2010年09月21日 16時26分 公開
[ITmedia]

多彩なファイルフォーマットに対応

EYE-Reader THIN EYE-Reader THIN

 samuraiは9月20日、2010年4月に同社が発売したポータブル書籍リーダー「EYE-Reader」の後継機となる「EYE-Reader THIN」を発表した。同社直販価格は1万3800円。

 同製品は、800×480ドットの7インチカラータッチパネルを搭載し、microSDスロットのほかUSB端子などを備え、本体サイズは120(幅)×193(奥行き)×15(高さ)ミリ、重量は340グラムでEYE-Readerと比べて小型軽量化が図られた。また、バッテリー駆動時間は6時間程度であるとしている。

 前機種のEYE-Readerでは、対応フォーマットがJPEG画像、AVI(Divx/xivd)動画、およびMP3音楽ファイルとなっていたが、本製品では、PDFやEPUB、CHM、UMDといった主要な電子書籍ファイルフォーマットに対応するとともに、MP4、WMV、FLVなどをサポート、電子書籍だけでなく、さまざまな動画・音楽ファイルが再生可能となっている。

 ネットワーク機能が存在しないため、microSDを用いてデータを移動させる必要はあるが、本体重量や価格などは競争力ある製品となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月02日 更新
  1. キター! VAIO type Uライクなスライドキーボード搭載の「AYANEO SLIDE」をセットアップしてみた 中年のハートを鷲づかみする外箱も魅力的 (2024年02月29日)
  2. 「Chromebook Plus」って何だ? 「Chromebook」とは何が違う? ASUS JAPANの新モデルを試す (2024年03月01日)
  3. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  4. NVIDIAの最新GPUをいち早く搭載! 「G-Tune DG」のGeForce RTX 4070 SUPERモデルを検証 (2024年02月29日)
  5. 最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術 (2024年03月01日)
  6. ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可 (2024年02月29日)
  7. エレコムの充電器やキーボード、マウスが最大18.1%もお得に 3月5日まで (2024年03月01日)
  8. VALMOND、タッチスクリーンを内蔵したメカニカルキーボード「VisionBoard」 (2024年03月01日)
  9. TP-Link、Wi-Fi 6E接続に対応したUSB無線LANアダプター (2024年02月29日)
  10. デルがメインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表 ビジネス向け「Vostro」の事実上の後継に (2024年02月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー