samurai、軽量低価格の電子書籍リーダー「EYE-Reader THIN」を発表

» 2010年09月21日 16時26分 公開
[ITmedia]

多彩なファイルフォーマットに対応

EYE-Reader THIN EYE-Reader THIN

 samuraiは9月20日、2010年4月に同社が発売したポータブル書籍リーダー「EYE-Reader」の後継機となる「EYE-Reader THIN」を発表した。同社直販価格は1万3800円。

 同製品は、800×480ドットの7インチカラータッチパネルを搭載し、microSDスロットのほかUSB端子などを備え、本体サイズは120(幅)×193(奥行き)×15(高さ)ミリ、重量は340グラムでEYE-Readerと比べて小型軽量化が図られた。また、バッテリー駆動時間は6時間程度であるとしている。

 前機種のEYE-Readerでは、対応フォーマットがJPEG画像、AVI(Divx/xivd)動画、およびMP3音楽ファイルとなっていたが、本製品では、PDFやEPUB、CHM、UMDといった主要な電子書籍ファイルフォーマットに対応するとともに、MP4、WMV、FLVなどをサポート、電子書籍だけでなく、さまざまな動画・音楽ファイルが再生可能となっている。

 ネットワーク機能が存在しないため、microSDを用いてデータを移動させる必要はあるが、本体重量や価格などは競争力ある製品となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
  9. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー